コンテンツ
ヘッダ

すずよMagic〜自由を求めて日々挑戦〜

ヘア・メイク・着付のプロフェッショナル
【記念日スタイリスト®】
写真撮影ディレクションなどの知識や多方面からの視点をもつ
「記念日の専門家」
プライベートでは小6女子と小4男子の母。
神社めぐりと猫が好き

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事

タイトル
タイトル
ビビッと来た直感を頼りに行ってみたらすごかった龍城神社!!
記事本文

JUGEMテーマ:地域/ローカル JUGEMテーマ:旅行

 

先日、愛知県の豊橋市にお仕事で行くことがありました。その出張が決まった途端にFacebookで目に付いたブログで龍城(たつき)神社のことを知り、「龍の城の神社?!何それ!!行きたい!!」とビビッと来たんですよね。

 

で調べてみたら、豊橋と名古屋の間にある東岡崎駅から徒歩15分くらいでいけるらしい。しかもその神社のそばの岡崎城は、徳川家康が生まれたお城とか。もうそこまで見ちゃったらこれはもう行くしかないでしょ〜!!

 

ってことで、前乗りして岡崎に行き、駅から歩いて行ってきました!

大きな川を渡っていくのですが、橋からお城の屋根が見えるの分かります??もうここからゾクゾク鳥肌が立ってくるくらい(>▽<)

 

途中の道路で見つけた菅生神社(すごうじんじゃ)

な〜んか気になって、神社の説明を読んでみたら…

天照大御神(あまてらすおおみかみ)と豊受姫命(とようけひめのみこと)に加え、須佐之男命(すさのおのみこと)も祀ってるし、徳川家康と菅原道真も祀ってる!!もちろんお詣りさせていただきましたし、敷地内の稲荷神社にもお詣りしてきました(^^)

 


さらに歩いていくと、岡崎公園の入り口にさしかかります。川にかかる橋に赤い電車が通ってく。なんか絵になりますね〜

振り向くと白いつつじがお出迎え。これだけでなんかゾワゾワ(笑)←感動してるから

とにかく緑がいっぱいで!

お城に向かって歩いていくので、結構急な坂道なんだけど、緑の綺麗さに感激してサクサク登っちゃう

木々の間から岡崎城が見えます

そのすぐ横にあるのが「龍城神社(たつきじんじゃ)」ここに来たくてわざわざ岡崎まで来ました!!

手水舎の龍もなんだか他の神社とは違います。

さすが徳川家康が生まれた岡崎城。神馬として馬の彫刻もあります。

その横には2匹の龍が絡む彫刻も。

まだ朝が早かったので入れませんが、有料でこの中も見られるみたいです。

さくっと神社にお参りしたのですが、早朝過ぎて誰もおらず、ご朱印もお守りも買えない…(T^T)

なのでちょろっと時間稼ぎに公園の外にある「5万石の藤棚」まで行って見ました。

もうほとんど藤の花は終わっちゃったけど、これ満開の時に来たらすごかったんだろうな〜〜




ここは桜の木なので、これも桜の時期に来たらきっと素敵なんだろうな〜と思いながら来た道を戻ります。

マンホールってその土地の特徴が描かれてたりしますよね(^^)

 

 

もう一度神社に戻ってきたけど、まだ人の気配はなく…(^^;)ひとまず写真を撮らせていただきました。



どうしようかな〜…。帰ろうかな〜…。と悩みつつ、一度は来た道を戻り、公園の入り口まで行きました。

でも、ここまで来てご朱印をもらわずに変えるのは嫌だ!!と思い、「8時まで待ってみよう。8時まで待って誰も来なかったらあきらめて帰る」と決めて、ゆ〜〜〜っくり公園の反対側をまわりながら。

 

さきほどの神社の前まで来て、時間をつぶしながらウロウロしてると、朝のお散歩に来たおじさんがベンチで座ってて、「お姉さんこの辺の人じゃないでしょ。カッコ見ればすぐわかる。神社の中の天井はみた??ここにきてあれを見ないで帰ったらもったいないよ。」と教えてくれました。

「これはいいことを聞いた!」と思い、オジサンにお礼を言って神社に戻ると、さっきは締まってた扉が開いてる!!

誰もいなかったけど、「失礼しま〜す」とお声をかけて中に入らせてもらうと、まずはこの掛軸が!

徳川家康が乗った金龍ってこれなのかな〜〜??(龍の背に乗ると、物事が10倍のスピードで加速するらしいですby大杉日香理さん)なんて思いながら天井を見上げると、ものすごい迫力で立体的な龍の彫刻が!!

 

さっきのおじさんが言ってたのはこのことか!!と一人で静かに興奮しておりました!!(だって朝早いのに大声出せないでしょw)

そして、外に出ていると巫女さんらしき人が出勤してきて(笑)神主さんらしき人と話しながら中へ入って行っちゃった。

 

そのうち社務所の窓に引かれていたカーテンが上がり「お!!お守り買える??」と思いながら待っていると、外から来た男性が「よかったら声かけて下さいね〜」と言ってくれたので、思わず「ご朱印とお守りが欲しいんですけど!!」とお声をかけて、いただいてきました!!

 

待ちに待った(笑)ご朱印!!カッコイイ〜(>▽<)

しっかり商売繁盛のお守りも買ってきちゃいました(^^)いや〜!!やっぱり自分の直観って信じるべきですね!!8時まで待ってて良かった〜〜!!

 

お守りを購入している時にさっきのおじさんがそばを通って「お姉さん天井みた??」と聞いてきたので「見ました!!すごいですね!!」と言ったら、「この城は出来たときから『龍の城』って言われてたんだよ」と教えてくれて!!「そうなんですか!!教えてくれてありがとうございます!!」とお礼を言わせていただきました。

 

あのおじさんに聞かなかったら、掛け軸も天井の龍も見られなかったな〜!!なんかすごいお導きだった気がします!!

 

 

そのあとはしっかり豊橋に行って、お仕事してきました!

また24日にも豊橋出張があるので、その時は豊川稲荷に行くことにします(^^)いや〜次も何が起きるか楽しみだわ!!

 

 

 

花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®◇そうますずよ

記事続き
タイトル
タイトル
プロジェクトミーティングなのか、箱根神社めぐりなのか、今日の目的はなんだったっけ??
記事本文

JUGEMテーマ:旅行

JUGEMテーマ:日記・一般

この日は友人の君塚シェフから誘われたプロジェクトのメンバーで、現地視察とオーナーにご挨拶ということで箱根へ。ところが海外にいるオーナーの帰国予定がズレ込んだので、メンバーだけで現地を視察することになりました。

伊勢にも一緒にいった大雅くんに迎えに来てもらって車で箱根へ向かう途中、助手席からレインボーブリッジをながめます。

昨日は船でレインボーブリッジの下をくぐりましたが、今日は上を行きます。

船から見る景色と高速道路から見る景色はまた違うね(笑)

以外と道も混まず、スムーズに東名から小田原厚木道路に抜けて「予定より早く箱根神社に着きそうだね〜」なんて大雅くんと話してたら、左を走ってる車を見て大雅くんが「あれ??もしかしてあの車、君塚さんじゃない??」と言います。

「え〜〜??」なんて並走してたら本当に君塚さんが運転してる!!(笑)

思わず助手席の窓を開けて手を振っちゃいました!!(注:良い子は真似してはいけませんよw)
そしたら向こうも「ええええ〜〜!!」とメチャ驚き(笑)…そりゃそうですよね。並走してる車の助手席から手を振ってる人がいるんだから、どう見ても怪しいっつーの(笑)

途中のパーキングに入って車から降りるとお互い「なにこのミラクル〜〜!!スゴくない??(≧∇≦)」とテンション上がりまくり(笑)

そこで初めてお会いするメンバーとご挨拶をしたら、今日視察するメンバーはコレで全員だとか。
「…って事は13:00に強羅駅で待ち合わせしなくていいんだよね??(笑)」と聞き、そのまま箱根神社+九頭龍神社とそれぞれの本宮にも行くことにしました。

ええ。私の独断で決定しましたが、なにか?(笑)

高速を降りて、箱根湯元から芦ノ湖へむかって山の中を走ると、新緑がとっても綺麗(≧∇≦)

しかも助手席ですよ。自分で車を運転してないんです。それがなんと贅沢なことか!!(笑)(注:我が家は夫の免許がないので、どこへ行くにも私が運転なの(^^;;)

なんか…大好きな新緑の季節に、大好きな箱根に来れるなんて幸せだな〜〜(≧∇≦)と助手席から山を眺めてたら、ふと、こんなノンビリ景色をながめるって最近してなかったな〜〜って。


いつも仕事仕事で自分の感覚を使ってなかったかもって。素敵な景色を見て、楽しい気持ちになって、心をときめかせる事をしてなかったな〜って気がつきました。

きっとそんな時間が必要なタイミングだったんですね(^^)



芦ノ湖へ着いてから箱根神社へ向かいます。
同行した方が「ここはどんな神様がいらっしゃるんですか?」と聞いてきたので、「あら!じゃあレクチャーさせていただいちゃっていいでしょうか??」と調子に乗って話し出す私(笑)

邇邇芸命(ににぎのみこと)・木花咲耶姫(このはなさくやひめ)・彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)の3柱が祀られていることから、古事記の天孫降臨やら大山祇神(おおやまつみのみこと)のこと、磐長姫(いわながひめ)の話も含め、木花咲耶姫の火中の出産やら彦火火出見尊から神武天皇への話など。

しゃべりだしたら止まりません(笑)

手水舎の作法や、鳥居のくぐり方、参道の進み方なども説明し、お社の前では柏手の打ち方や祝詞の上げ方など。

…私ホントに何者なんでしょうか?(笑)



箱根神社の本殿前で5人で並んで柏手をビシッと打ってお詣りしたのは、ちょっと気持ち良かったです(笑)それからお隣の九頭龍神社の新宮へお詣り。昨年の夏は工事中で入れなかったのですが、今回みたらなんと拝殿が出来てる!!スゴイぞ九頭龍さん!!

ここでご霊水をいただき、誓願符を成就水盤へ流す人もいて、私はしっかりとプロジェクトが成功するようにお導きくださいとお願いしてきました。

 

 



やはり10:30くらいになると参拝客が多いので、気が乱れてますね〜〜。人のいない早朝に来るとスッキリとした神様の気が満ちてるから、行くなら7時台とか早い時間がオススメです(^^)

せっかくなので…とみんなで写真を撮ったら、なぜかエグザイル写りになってるし(笑)


下へ降りてきて、恵比寿様と弁天様にご挨拶をしてから、こんな写真も撮ってみた(笑)
大雅くんが撮りたそうにしてたので、一緒に写ってあげました(笑)


そして車で移動してプリンスホテルに車を停め、ロープウェイで駒ヶ岳の頂上へ。お目立ては箱根神社の元宮です。

ロープウェイの中はインド人観光客がわんさかいたのに、ここのお社に来たのは私たちだけ。たぶんこの建物がなんだか分かってないからなんでしょうかね??でも、おかげで静かに参拝させていただく事ができました。

山頂に来たら雲というか霧がスゴくて周りが何も見えない。思わず「周りは気にするなって事だよね」と口から言葉がこぼれてました。


帰りのロープウェイから見た芦ノ湖。下に降りてくると天気がいいんだから不思議です。


そこから20分ほど湖畔を歩いて、今度は九頭龍神社の本宮へ。途中で見つけた小さなスミレ。春がやってきてますね〜〜!

昨年の夏は13日の月次祭だったので、恋愛祈願をするオナゴがワンサカいたんですが(笑)さすがに今日は人が少ない(^^)

芦ノ湖畔は標高が高いので、桜がまだまだ咲いてました(^^)今年はゆっくりお花見も出来なかったので、嬉しかった〜〜!

九頭龍神社の本宮から戻ってきて、白龍神社へ。

オフシーズンのせいか、ペンキを塗りなおしてました。最初、敷地に入った時は養生されてたんですけど、私たちがお詣りする時はそれも外れてて。真っ白になって一番最初にお詣りさせてもらえました(^^)

 

大きな枝垂れ桜もこれから咲く感じ

風に吹かれてユラユラと揺れる枝がとっても素敵(^^)

そこからまた20分かけて歩いて、プリンスの駐車場に戻り、遅めのお昼ご飯。


クレミアが売ってたので思わず買っちゃった(≧∇≦)だけど1個食べたら多かった〜〜(^◇^;)←ダイエットしてから食べる量が減ったので、甘いものもたくさんは食べられなくなったみたいです(笑)


そこから今度は大涌谷へ移動して、黒たまごを買って家族へのお土産に。
夏に来た時は人が多くて買えなくて(>_<)娘がすっごくガッカリしてたから、帰宅してあげたら大喜びしてました(笑)

もうここまで来ると「あれ?今日って箱根観光だったっけ??」って感じになりそうな勢い(^◇^;)
「本来の目的が最後に残ってるよ〜〜!!」とハッパをかけて(笑)強羅に移動します。

まだこれから建設する施設の場所を確認して、どんなコンセプトで建てて、どんな思いでプロジェクトを進めていくかをシェフから聞き、いろいろと想像するとワクワクしてきました。

それから君塚シェフたちは、そのまま翌日の伊勢神宮参拝に向けて関西方面に旅立って行きました(笑)

私は大雅くんにまた送ってもらい、気がついたら西湘バイパスの江ノ島あたりから記憶がなくなり(^^)目が覚めたらベイブリッジを渡ってました(笑)いや〜〜!!助手席ほんとサイコーです!(≧∇≦)

 

気がつけば今回は現地視察というより、私のガイドによる箱根神社ツアーになった感じです(笑)でもこれもきっとタイミングであり、私のお役目なんだろうな(^^)

 

伊勢の神宮に続き、またまた神社ガイドな私。Facebookにちょこちょこアップしてたら、ある方から「よ!開運ナビゲーター!」とコメントをいただきました(笑)言い得て妙で笑っちゃったけど、あながち間違いではない気もします。

 

そのうち自分が言ってみて良かった神社などをご案内するとツアーを組んでも面白いかもね(^^)

 

 

 

 

花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®◇そうますずよ

 

記事続き
タイトル
タイトル
桜が咲くからお花見。もともとの意味はご存知ですか??
記事本文

JUGEMテーマ:日記・一般



春と言えば桜。
日本人なら誰もがその花を咲くのを心待ちにしていて、いつ咲くかがニュースになるほど。

そしてほとんどの人がする「お花見」

場所取りや、どんちゃん騒ぎ、終わった後のゴミの始末など、これまたニュースで取り上げられることが多いですよね。

でも、良く考えたらお花見って他の花ではやらないと思いませんか??

花を愛でることはしても、ご馳走持ってお酒持ってまではしないですよね?

ではなぜ桜だけ特別なのでしょうか??
伊勢の神宮のFacebookページでも書かれていましたが、桜には神様が宿るそうなのです。

昨年から日本の伝統文化について勉強しているのですが、先日和食の家元の方のお話を聞く機会がありました。

1200年続いている、四条司(しじょうつかさ)家の当主がお話ししてくださったのですが、もともと日本には「大和言葉(やまとことば)」というものがあったそうなのです。

神=サ、
座=クラ(高御座<タカミクラ>=天皇陛下が立たれる場所、神が建つ場所のこと)
食=ケ(大御食<オオミケ>、朝食<アサゲ>、夕食<ユウゲ>など)

これをつなげると…

「神」が「座」する場所=サ・クラ=桜 
「神」が「食」するもの=サ・ケ=酒 となるんです。


つまり、春になると山から五穀豊穣の神様が下りてきて、桜の木に宿る。


そのいらした神様を歓迎するために、桜の木の下にご馳走を広げ、神食(サケ=酒)を用意し、お供えした後にお下がりをいただく(直会<なおらい>といいます)【神人共食<しんじんきょうしょく>】の神事がお花見のルーツだったんです。


そして桜が散った後、五穀豊穣の神様は田畑に降りていくので、芽が出て作物が実っていくという事なのです。


私、この話を聞いた時に鳥肌が立つほど感動して、桜を愛する日本人の感覚はきっともうDNAに組み込まれているんだな〜って嬉しくなったんです。


だからどんちゃん騒ぎをしているサラリーマンにはちょっとこの話を知っててほしいなあ〜と思いますが(笑)


なんにせよ、桜をみるたびに神様を探してしまいそうですね(^^)





花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®◇そうますずよ

記事続き
タイトル
タイトル
伊勢神宮正式参拝の案内人??その2
記事本文

JUGEMテーマ:旅行  JUGEMテーマ:日記・一般

 

逆ドリカム(笑)の神宮正式参拝ツアーの2日目。

 

前日の夜にタイガくんの車の中で伊勢の情報誌を発見し、そこで見つけた「朔日粥(ついたちがゆ)」の文字。

伊勢には朔日詣り(ついたちまいり)という習慣があり、ひと月無事に過ごせた事を感謝して神様にご挨拶をしに伺うそうなのです。

 

それに合わせて赤福本店では「朔日餅(ついたちもち)」が販売され、暗いうちから整理券が配られるほどの大人気ぶり。

しかも月ごとにお餅の種類も変わり、賞味期限がその日のうちなので、それをめがけてみんなが伊勢に来るという仕組みです(笑)

 

で、その朔日餅の事はなんとなく知ってたんだけど、まさか朔日粥もあるとは!!

朝4:45〜の販売で、普段は手こね寿司のお店なので、ここも朔日(ついたち)にしか販売しないお粥らしい。

 

思わず2人に「朔日粥ってあるみたいよ??行っちゃう??」と聞き、強引に「うん」と言わせ(笑)朝6:30にホテルを出発しました。

 

途中で車の中から朝日を拝みます

やはり11月と違って日の出が早くなってる(笑)

 

しかし車のナビの通りに進むとなんだか裏道を通るので、何でかな〜と思ったら、なんと内宮のお宮に向けてナビってるじゃないですか!!(笑)

「そこは歩いていくトコじゃ〜!」と1人で内心ツッコミながら(^^;;)慌ててタイガくんに「そこまっすぐ行って〜」と案内したら、なんと赤福の真横の橋に出たの(笑)

 

そこには「最後尾」のプラカードを持った人がいてすでに行列が!!

思わず助手席の薬さんに「降りて整理券もらっといてくれる??」と指示(笑)まずここでミラクル1。

 

そのままタイガくんを誘導して駐車場に行ったらそこには「満車」の文字!!(><)

2人して「うわ〜〜!満車かぁ〜〜!!」と叫んでたら意外と出て行く車も多いみたいなので、試しに並ぶと全然待たずに駐車出来た(笑)ここでミラクル2!(≧∇≦)

 

そして歩いて赤福に行ったら薬さんがいない…(^◇^;)どこにいるか聞こうと携帯のメッセージを開いたら「もう順番来ちゃいます!なんか買えそうなので、とりあえず3個買っておきますね〜」と書いてある!!わお!さらにミラクル3!!

 

さらに「待ちながら食べようと思って店内にいます!!」と(笑)…やはり薬さんは自由人だ(笑)

負けじと私たちもお召し上がりの券を買って店内に。前回と同じ川が見える縁側席に薬さんがいました。

タイガくん撮影。座ろうとしてる私は変なポーズになってるよ(笑)

 

そしてコレが今月の朔日餅のよもぎ餅。

来月は桜餅ですってよ〜(≧∇≦)

赤福のお庭と朔日餅(笑)

食べ終わったお皿を見るとよもぎの絵が(^^)クロモジの袋もこの日限定みたい。いちいち可愛い(≧∇≦)

入り口の所には竃(かまど)があって真っ赤な炭が見るからに暖かそう(^^)

 

赤福にいる間に朔日粥のお店を検索したら、なんとすぐとなりの「すし久」さんで出してるそうなので、そのままお隣へ。

今月はめかぶ雑炊。600円で焼き魚と卵焼きがついたお膳でした。

お魚のお出汁が効いていて、とっても美味しくて、とっても暖かいの(≧∇≦)食べてて「ん〜!美味しい〜!幸せ〜〜!!」って叫んじゃいました(笑)こちらもやっぱり土間にある大きな竃(かまど)で炊いてるみたいです。

私たちが食べ終わって帰る頃には、釜を洗ってたので、もう終わりなのかな〜と思ったら、入ってこようとしたオジサマ方が「もう終わりだってよ〜」って言ってたので、私たちが最後の方だったみたい。やっぱりミラクル4!(≧∇≦)

ちょっとこれは毎月来たくなるのがわかる気がする!!

 

 

季節柄ひな人形が飾ってあるのですが、多分かなりの年代物??

 

 

店内も多分昔のまま。

 

他の地域でもこういう和風建築は壊さずに残すようにして欲しいなぁと思います。

 

 

この時点で朝8:00。そのまま宇治橋のところへ言って「では、ここより内宮へ参拝いたします」と2人を案内しながら入っていきます。

 

鳥居をくぐって神域に入ってからずっと薬さんが「うわ。ここスゴイ!」「何コレ??スゴイ!」「スゴイ!守られてる感じがする!」と連呼し続け(笑)きっと何かを感じるんでしょうね〜(^^)

 

手水舎で手と口を清めてから先に進み、五十鈴川に触れる事の出来る御手洗場(みたらいば)へ降りていきます。

 

「昔はここで全身を川に付けて禊をしてたんだよ。今は簡略化されて手水舎で口と手しかしないけどね」なんて説明をしつつ、今回も私は五十鈴川でパワーストーンのブレスレットを清めました(^^)

 

そのあとはすぐ近くの瀧祭宮(たきまつりのみや)へ参拝し、「これから正宮へお詣りさせていただきます」とご挨拶。

 

清々しい空気の中、玉砂利を踏みしめながら正宮(しょうぐう)へ近づきます。

注:正式参拝後に撮影しております。

 

前回は内宮(ないくう)の正宮前に立つと泣けて来たのですが、今回は案内人のお役目だったせいか、そんな感じもせず(^^;;)

 

朔日(ついたち)という事もあり、後ろから団体さんがドッと押し寄せ(笑)正式参拝の際には、前の方の2人組と一緒に御垣内にご案内されちゃいました(^◇^;)

 

それでもやはり御垣内参拝は気持ちが引き締まります。

中では二礼二拍手一礼をするので精いっぱいなので、外に出てきてから改めて「参拝させていただき、感謝申し上げます」と自分の住所と名前を名乗り祝詞を唱え「私のこの身体を神様のお役に立てるよう自由にお使いください」と心の中でつぶやきました。

 

そのあとは荒祭宮(あらまつりのみや)と

風日祈宮(かざひのひのみや)へ参拝

神楽殿に戻るときの橋の上から撮ったらこんなに神々しい光が!!(≧∇≦)前回の11月も思ったけど、絶対神様いるよねココ!!

 

それから神楽殿にて御神楽奉納をしたのですが、前日の夜に3人で話してた時にふと思い、「千葉県ウェディング」という団体として申し込んでみました(^^)

なかなか千葉県ウェディングも始動出来ないのですが、これを見たらそろそろいろんな事が整ってきたのかなぁ〜と感じてみたり(≧∇≦)

御神楽奉納は金額によっておさめる舞の数も変わるのですが、本当は5人で来るはずだったので2つ舞を納めるつもりでしたが、人数が減ってしまったので、今回は一つだけ舞を奉納するつもりでした。

ところが!!他にも団体さんが多かったせいか、なんと2つの舞を拝見することが出来たのです!!出てきてから3人で「舞が2つ見られたよね!!と感激(>▽<)も〜〜〜ミラクル5ですよ!!

 

御神楽奉納のお下がりとしてこんなにたくさんいただきました!

 

まずは木箱に入ったお札

 

御神酒(おみき)

 

なんとココに「神宮」って、浮き彫りになってるの!思わず感動ー!!(≧∇≦)

 

神饌(しんせん)の中には、真空パックの鰹節と昆布とするめ。後は小さな袋に入ったお米と、丸く固められたお塩が入ってました。

 

御神楽奉納が終わってから、お札を納める社(やしろ)を買い、参集殿に立ち寄って神棚セット(お水やお塩などを入れるうつわと折敷(おしき)も購入し、これでサロンの神棚はバッチリ(≧∇≦)

 

前回、来た時に欲しかったんだけど荷物になるので諦めたんです(^^;;でも今回は車だし、買っちゃった(^^)

 

宇治橋を渡って内宮を後にします。

ここからお昼を兼ねて、おはらい通り+おかげ横丁をしばし散策。

 

と言っても朝から朔日餅と朔日粥を食べてまだ数時間。お腹がすく訳もなく、プラプラしながら食べたいものをチョコチョコつまむ感じになりました。

 

早速目に付いちゃったのがコレ(笑)

カキフライが串に刺さってるの(≧∇≦)

プリプリしてて美味しかった〜!

 

今回はおかげ横丁の方を覗く時間もあって、タイガくんが射的をしてる間に隣のお店を覗いたら、なんとキセルが売ってるお店で、夫のお土産に初心者セット(キセルとマッチと葉タバコ?)を購入。お店の写真がNGだったのが残念!(>_<)

 

駐車場に戻る途中で、どーしても食べたくて寄ったお団子屋さん(笑)

 

コレはタイガくんの買った黒蜜

 

私は焼き醤油

薬さんはみたらしを買ったんだけど、写真を撮る前に食べてた(笑)

 

さらにコレもめっちゃ気になって買ってしまった「伊勢うどん味」のソフトクリーム(笑)

伊勢うどんは甘めのタレを絡めて食べるうどんなんだけど、それが上手いことソフトクリームに変化してます(笑)甘しょっぱいのがクセになります!!(≧∇≦)しかもここにしか売ってないらしい!!それを知らずに買った私はすごい!(笑)

 

そこから車に乗って、内宮を後にして向かったのは、猿田彦神社。道案内の神様です。

天孫降臨で瓊瓊杵命(ににぎのみこと)が高天原(たかまがはら)から地上に降りる際に、案内をしてくれた神様。

 

敷地内には、猿田彦の奥さんの天宇受売(アメノウズメ)が祀られた、佐留女(さるめ)神社が。

 

そこから、月讀宮(つくよみのみや)へ。

こちらはなかに4つのお宮があります。(写真撮らなかったけど…)

 

そのあとは前回のツアーで回れなかった伊雑宮(いざわのみや)へ。

ここもなんだか素敵な空間でした!

お宮が奥の方にあるので、鳥居をくぐると広ーい空間があって緑がいっぱいなのです。

 

そこから今度は瀧原宮(たきはらのみや)へ。

ここは倭姫(やまとひめ)が最初こちらに天照大御神(あまてらすおおみかみ)を鎮座しようとお連れした場所。結局ここじゃない方がいいということで今の内宮のばしょになったとか。

ここは手水舎がないので、川に降りて手を清めます。自然の中で禊が出来るって本当に素晴らしい事なんだなぁ〜と思いながら。

こちらにも4つほどお宮があります。

どの順番で回ったらいいかはちゃんと立て看板に書いてあるので、ご覧くださいね(^^)

こんな感じ↓

次の式年遷宮でお宮が建つであろう敷地。

この写真を撮ったら、な〜〜〜んか龍がいるように見えるのは、私の気のせいなのか…??(笑)

 

瀧原宮を出て車に戻ったら、なんと車のメーターがゾロ目!はい。ミラクル6!!

気になったので、エンジェルナンバーを調べてみました(笑)

 

6666…あなたの思考がバランスを崩しています。お金や物など物質面に対しての恐れを手放しましょう。そして奉仕する気持ちに集中しましょう。自分が何かをすることで誰かの役に立ちたい、幸せにしてあげたいという心を大切にしましょう。

その結果、あなたは精神的にも物質的にも満たされるようになるでしょう。
あなたの周りの人や、エンジェルたちがあなたに愛を注いでいます。心を開いて彼らの愛や助けを受け取りましょう。
…なるほど。伊勢の神宮のお宮をすべて回った後に、こんなメッセージを頂くとは…(^^;)
いかに受け取ってないか…ってことですね。
しかも!!車に乗って名古屋に向かって走り出したら雨がひどくなってきて、フロントガラスに叩きつけるような土砂降り!!
でも私たち、傘も差さずにすべてのお宮をまわれたんです!!まさにミラクル7!!
前日にタイガ君が「ぼく最近よくこの文字見るんです」と言って指差したのは、私が持ってきた神社の本に書いてある【草薙剣(くさなぎのつるぎ)】それを聞いて、帰りに時間があったら熱田神宮に寄ってから帰ろうかな〜と思ってたのですが、しっかりその時間も取れて、小雨の降る中3人で熱田神宮にも寄って来れました!!ミラクル8!!
夜ご飯を取るにも名古屋市内はよく分からないし、車を停める場所を探すのも大変なので、そのまま高速に乗りSA(サービスエリア)で夕食を取ることにして、よく分からないまま入ったのは刈谷SA。
行って見てビックリしたのが、刈谷SAは「ハイウェイオアシス」となってて、お店はいっぱいあるわ、観覧車はあるわ、温泉はあるわ、とにかくすごいの(笑)ハイ。ミラクル9!!
とりあえず、フードコートだけど名古屋飯っぽいのをいっぱいチョイス!味噌かつとか味噌田楽とか、味噌ばっかりになっちゃったけど、食べたかったヤツだからいいの!!(笑)

iPhoneImage.png

食後に敷地内をウロウロしてたら、温泉を見つけたので、そのまま入ることにして1時間ほど温泉につかって出てきたら、タイガ君はも目がトロ〜ンと眠そう…(^^;)そりゃたしかに前日からず〜〜〜っと車を運転したんだから疲れもするわ!ってことで私が帰りの運転を代わることに。

 

そしたらなんと目の前に「難波」って紙を描いた男の子が出てきて…ヒッチハイカーって初めて見ました!!

タイガ君が「こっちは東京方面だから難波は行かないな〜。反対側で声かけたらいいよ」と教えてあげると、その後ろから「え!僕東京方面に行きたいんですけど!!」って男の子がもう一人出てきた(笑)

3人して「うわ〜…これは断れないシチュエーションだわ〜…」と思いながらも、素直そうな若い男の子だったので結局載せてあげることになりました。

 

「みなさんはどこに行かれるんですか??」とその子が聞いてきたので、「昨日今日と伊勢神宮に行ってて、これから千葉に帰るところなんだよ」と答えると、「え〜!!ここまで僕を乗せてきてくれた人が、これから伊勢神宮に行くって言ってたんですよ」というではないですか!なんですかこのご縁!はい、ミラクル10!!

 

結局その子は大阪の堺市から実家のある仙台まで帰るらしく、ヒッチハイクで帰ると決めてたらしいんです。私たちが乗せるまで刈谷SAで6時間待ったって言ってたかな??

 

さすがに変なところで下してもあとが拾えないと思ったので、神奈川の海老名SAまで乗せてあげて、夜中の2時くらいにバイバイしました(^^)

全員で記念撮影(笑)ちゃんと彼は自撮り棒を持ってました!さすがだね(^^)

どうやらその後のTwitterで見たら、朝8時まで海老名で粘って、その日のうちに仙台に着いたみたい。全部で27時間かかったって言ってたかな??意外といけるもんなんですね〜!

 

私たちはそのまま薬さんを松戸に送り、私を南船橋で降ろし、タイガ君は市原へと帰っていきました。

 

後日、高速代やガソリン代や駐車場代を折半したのですが、3人が3人とも持って行ったお金がいくらとも計算してなかったし、考えながら使ったわけじゃないのに、交通費を払ったら、ほぼピッタリお財布の中身が空っぽになったんですって!!

いや〜〜!!最後までミラクル連続ですわ!!

 

3/1だけでミラクルが11個!!恐るべし、伊勢の神宮です(>▽<)

 

また朔日(ついたち)に合わせて行きたいな〜と考えております(^^)

私のガイドで一緒に伊勢の神宮に行きたいかた、いらっしゃいます??(笑)

 

ご希望の方がいたらこちらへご連絡ください(^^)

【一緒に伊勢神宮に行きたいです】って書いてくださいね。

 

 

花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®◇そうますずよ

記事続き
タイトル
タイトル
伊勢神宮正式参拝の案内人??
記事本文
2/28・3/1に伊勢の神宮にまたまた参拝する機会を頂きました(^^)

昨年の11月に初めて神宮に正式参拝した話をした時に、友人のシェフが「いいなぁ!僕ずっと行きたかったんですよ!」というので「あら!じゃあ一緒に行きます??」なんて言ってたら、後日「僕ホントに行きたいんですよ!いつにしますか?」とメッセージが(笑)

彼のスタッフも一緒に…というので私も友人に聞いたら「行きます!!私もずっと前から行きたかったんですよ!」という返事だったので、全員のスケジュールを調整して5人で車で行く事になりました(^^)

ところが1週間前、言い出しっぺのシェフがお子さんの行事の関係で泣く泣く神宮参拝を見送ることになり、さらにツアースケジュールを出したらもう1人のスタッフも前後の予定の関係で1日前にキャンセルに(^^;;

ということで、まさかの3人旅!32歳の男の子タイガくんと40代の薬さんと私の逆ドリカム状態です(笑)もちろん今回も1週間前から肉断ちをしてます。

2/28の0:00に船橋に集合してタイガくんの車で出発。湾岸線→首都高→東名高速→伊勢湾岸道→東名阪道→二見・鳥羽ラインを経て、まずは二見浦の二見興玉神社へ。

夏至のときは夫婦岩の間から太陽が昇るそうですが、冬の間は見えません。でも海のあまりの綺麗さにみんなで感動してました(^^)


そして反対側にある八大龍王神社にも参拝してから、近くのお店で朝ごはん。

周りに何もないので8:00くらいからでも開いててくれるのはとっても嬉しい〜(≧∇≦)
私とタイガくんは「伊勢うどん520円+赤だし200円」を頼んだのだけど…

赤だしの大きさにビックリ(笑)200円でコレってすごくないですか??伊勢うどんより大きい(^◇^;)でも寒かったから、あったかいお味噌汁で暖まれてよかった。
お食事処 潮騒


あ、ちなみに興玉神社の御朱印は7:30くらいからでも頂けましたが、

八大龍王神社の御朱印は9:00にならないと社務所が開かないのでご注意を。

ちょうど朝ごはんを食べ終わったら社務所を開けているのが見えたので、再度行って御朱印を頂いて来ました。

そこから車で外宮へ向かいます。

火除橋を渡り、手水舎でお清めをして、鳥居の左側から入ります。一礼して左足から鳥居の中に入ってくださいね(^^)外宮は左側通行なのです。


まずは参拝・祈祷申込みの所で式年遷宮賛助の申込み用紙に記入します。
するとこういう特別参宮章というものが頂けます。

こちらを正宮で見せると外宮と内宮の両方の御垣内参拝が出来ます。
御垣内参拝・正式参拝の申込みというものはなく、式年遷宮賛助をしたお礼に神様の近くへ行って参拝させてもらえるという事なのだそうです。

こちらが外宮(げくう)の正宮(しょうぐう)。入って左側の所に神職の方がいらっしゃるので参宮章を見せます。

ちなみに私たちは観光ではなく正式参拝しに行ったので、写真はすべて参拝した後に撮らせて頂いてます。そして真正面からの撮影は失礼にあたるので、必ず斜めから撮ります。

そのあとは別宮の多賀宮→土宮→風宮→下御井神社を参拝し、お札などを売ってる社務所の脇を抜けて、忌火屋殿(いみびやでん=神様に捧げるお食事<神饌しんせん)>を朝夕作る場所)の側を通り、月夜見宮を参拝。

この時点で12時前(笑)朝が早かったので時間がたっぷりありました(^^)

そこで月夜見宮から伊勢市駅の方へ歩いて、駅から外宮へ続く「外宮参道」にあるお店を覗いて見ることに。


練り物屋さんに惹かれて、「ひりょうず」という巨大なさつま揚げみたいなのを購入。

ここのお店はテレビにも出てるみたい。中にはウズラの卵も入ってた(^^)

薄味で美味しかったです!


さらに!赤福のお店に寄ったら「冬季限定 ぜんざい」の文字が!!(≧∇≦)
思わず3人でぜんざい食べちゃったよ〜。

この日のお昼ご飯は、ひりょうずとぜんざい(笑)
そういえばこの時に私のカバンからあるものが出てきて、みんなでびっくり!!

というのも、先ほど正式参拝をさせて頂いた時に薬さんがマフラーを外したらピアスが取れてしまい、キャッチがどこかに行ってしまって…(^^;;
下は玉砂利だし、ザッと見た限りでは見つけられず諦めてたのに…私のカバンから出てきたよ〜〜!!((((;゚Д゚)))))))なんだこのミラクル??



まだまだ時間があるので、本当は内宮の別宮なので明日行くはずでしたが、外宮からも近いし、先に倭姫宮に行くことに。
こちらは本当に優しいお宮なんですよね〜。
さらにその敷地内にある、神宮徴古館(じんぐうちょうこかん)に行ってみました。

スッゴイ撮影とかに使いたくなるような素敵な建物なのです!!
「赤坂迎賓館に似てる感じがするね〜」と話してたら、なんと!設計した方が同じ方でした!!(≧∇≦)私もちょっとは本物を見極める目が肥えて来たかしらね(^^)

こちらは式年遷宮についての資料がたくさん飾られていて、絵画で説明しているところもあったりして、私の知ってる限りの神宮の話とか、古事記の話をしながら見て回りました。

すごーく古い時代の蒔絵の重箱とか、儀式に使う衣の機織り機とか、ふむふむ言いながら見て回る私たち(笑)
そのあとは美術館と農業館も見てきました。
正式参拝の際の参宮章を見せると1枚につき1人無料で入館できるのです。なんだかすごくお得(^^)

そこからまた伊勢市駅に戻って、ホテルにチェックイン。前回泊まって使いやすかったので、今回も伊勢シティホテルをとりました。

…そしたらなんと、「ダブルのお部屋ですね〜」とフロントの女性が言うではないですか!!

私:「え?ダブル??」
フロント係:「はい(^^)」

…いやいや。ちょっと待て(^^;;)
いくら薬さんとツーカーの仲で、何度も泊まってて、温泉も何度も一緒に入った仲とはいえ、さすがにダブルのベッドに寝るほどの仲ではないぞ〜〜((((;゚Д゚)))))))

どうやらネットで申し込んだ時に部屋の種類をよく確認しないでポチってしまったらしい(笑)
それを話して無事にツインのお部屋に変えてもらう事が出来ました(≧∇≦)平日で良かった〜〜(笑)これまたミラクル??

そして、しばしお部屋でまったり。ちょうど窓から綺麗な夕焼けが見えたので、思わず撮影。

やっぱりスマホって便利だわ〜(^^;;

夜ご飯は、結局近くのファミレス「和食のさと」へ。やはり伊勢は観光地なので、どこも17:30には閉まってしまう店ばかりだし、車が停められるところということで、もうここしかない(笑)

ご飯を食べた後は私が持って行った「神社と神様」の本を見ながら、明日の内宮の予習。するとタイガくんが「僕、最近やたらとこれを目にするんですよね〜」と草薙剣(くさなぎのつるぎ)を指差すのです。

名古屋の熱田神宮は草薙剣が御神体なので、寄ってくれば良かったかなぁ〜と思ってみたり(^^;;

結局この日は22時近くまでファミレスで語り、ホテルに送ってもらって翌日の待ち合わせ時間を決めて、タイガくんは宿代わりの漫画喫茶に向かって行きましたとさ(笑)

続く(笑)



花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®◇そうますずよ

記事続き
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.