コンテンツ
ヘッダ

すずよSTYLE

記念日の専門家【記念日スタイリスト®】
ヘア・メイク・着付のプロフェッショナルでありながらも、衣裳・写真・お花などの知識を持ち
多方面からの視点をもつ、総合プロデューサー。
プライベートでは小5と小3の母。
最近はあちこちの神社に呼ばれた後に人を連れて行く神社ガイドのお役目もいただいた模様。

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事

タイトル
タイトル
どーしても行きたくて!弾丸で三峯神社参拝!!
記事本文
以前からFacebookで友人達が参拝してるのを目にしてて気にはなってたんですが、今年に入ってからも三峯神社に行くという人が何人もいて「あ〜…呼ばれてるのかな〜?私も行きたいな〜」と思ってました。

そしたら5月末に常連のお客様が行くと聞いて、その翌週にセミナーで仲良くなった人からも行った話を聞いて、もう行きたくて行きたくて!!

ホントは翌日に行こうかと思ったんですが、車の手配が間に合わず「久しぶりに子ども達と出掛けてあげないと…」と思ってやめました。
そしたらその日にテレビ付けてたらサスペンスドラマの再放送で「三峰口駅が!!」と連呼してるんですよ(笑)

ああ…もう間違いなく呼ばれてますわ私。と確信しました(^◇^;)

なので、もう居ても立っても居られず、弾丸で行くことにしました(笑)
1人で車借りて(しかも久しぶりのマニュアル車(^^))レンタカー屋さんから直行で三峯神社までドライブです!

三峯神社独特のこの三つ鳥居。狛犬代わりの狼が凛々しくこちらを見ています。しかも!スッゴイ晴れてるのに、霧が出てきたんですよ!!
鳥居をくぐった途端に空気がひんやりして、世界が変わった感じがしました。

霧は狼の霊の化身とも言われているらしいので、山から霧が降りてきた時には「めちゃめちゃ感激されてる!!」と鳥肌モンでした!

うっすら霧がかかる中を進むと山門が見えてきます

もうなんだか幽世(かくりよ)に足を踏み入れた気分です。

霧のおかげでますます神秘的

そんな中で目に入る鮮やかな装飾のお社。屋根は色がないのにその下には色とりどりの彫刻が。

この龍みたいな彫刻は「蜃(しん)」というそうです。蜃気楼の蜃ね。
蜃は口から氣を吐き出し、人々に幻をみせるんだとか。つまりこの三峯神社自体が幻で神界と現世を繋ぐ場なんだとか。

お目当の一つ、黒龍さん(^^)水をかけないと浮びあがらないそうですが、もうすでにみんなに掛けられてビシャビシャ(笑)
三峯神社はイザナギとイザナミが祀られてるんですね〜



このお社はなんだか不思議な感じでした。派手でも無く、地味でも無く、でも存在感があって、パワーを感じるし、落ち着くというか、ずっと側にいたいような…

となりにあった常国立神社のお社の前で、「株式会社設立に向けて準備していきますので力を貸してください」とお願いをすると、パーっと一筋の光が頭上から私を照らしてくれました。

思わず「ありがとうございます」と答えてました(笑)。なんか「分かった。励むがよい」と言われた気がして。

絵馬も幾つかあったんだけど、せっかくなので狼=大神(オオカミ)の絵馬にお願い事を書いてきました。


厳かなお社の後ろの鮮やかな新緑が綺麗で、他の人も「なんだろう!スゴイ綺麗だな!!」って感動してたくらい。


ホントにここはいい氣が溢れていて、いつまでもいたい感じ。
触ってもいいご神木に両手をついて深呼吸してたら「私は私のままでいい」っていうメッセージを受け取りました。


山門を出てから自撮り。なんだろう霧のせいかなぁ??なんかとっても癒されました。


奥宮奉拝所というので階段を登ってみると…

真っ白で何にも見えません(笑)

でもここまで来て、奥宮に行かないで帰るわけには行きません(笑)

奥宮編に続きます(^_−)−☆
記事続き
前後の記事
<< 【お知らせ】現在発売中のSTORYに掲載されました。 | TOP | 自分の中の「好き」を大切にする >>

Comment

URL(U)
Comment(C)
Cookie
コメント送信

Trackback

フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.