コンテンツ
ヘッダ

すずよSTYLE

記念日の専門家【記念日スタイリスト®】
ヘア・メイク・着付のプロフェッショナルでありながらも、衣裳・写真・お花などの知識を持ち
多方面からの視点をもつ、総合プロデューサー。
プライベートでは小5と小3の母。
最近はあちこちの神社に呼ばれた後に人を連れて行く神社ガイドのお役目もいただいた模様。

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事

タイトル
タイトル
毎年恒例の神社めぐりから一転
記事本文

JUGEMテーマ:旅行

JUGEMテーマ:日記・一般



毎年、夏になると神社巡りをする我が家。2011年の夏に箱根神社に行った時からその流れは起きていて、2014年から富士山本宮(静岡県富士宮市)と新屋山神社(山梨県富士吉田市)にも参拝し始めました。
それもなぜかお盆あたりに行くことが多いんですよね〜。いきなりふと行きたくなっちゃって、「明日行くよ!」くらいの勢いで行っちゃう(笑)

今年は夫が8/5から軽い脳梗塞で入院してしまったけど、12日には退院できそうなので、思い切ってその前に仲良しのウェディングプランナーの薬師神綾さんを誘って行ってきました。



前夜にレンタカーを借り、薬さんをうちのサロンに泊めて、朝早く起きて子どもたちにサンドイッチを作ってもらい、5:30には船橋を出発しました。

…なのに…なのに…うっかりカレンダーを見ていなくて…大渋滞にハマるワタシたち…。
そう!!まさかの連休初日!!8/11の山の日(祝日)お盆の帰省ラッシュです!!(T ^ T)
サクッと静岡まで行って富士山本宮浅間大社に行ってから、山梨に回って新屋山…と考えてたのに、東名高速がまったく動かず…(ー ー;)
思わず川崎で降りてしまい246号線をひたすら走る…。だけどみんな考えることは同じなんですよ。…246も動かないの( ; ; )


やっとの事で新屋山神社に着いたらもう12:40。お昼過ぎてます(ー ー;)
しかも久しぶりすぎて駐車場の入口が分からなくてウロウロしちゃうし(笑)

それでもやっぱりココは素敵。




以前と違って今は靴を脱がずに参拝します。その後に向かって左側にある「お伺い石」を試してみました。←これも前は無かったんですけどね??写真撮れなかったので、ないんですが…。

富士山の形をした溶岩石を始めに「よろしくお願いいたします」と言って一度持ち上げます。その後に石に額をつけてお伺いしたい事を聞き、また石を持ち上げます。最後は「ありがとうございました」と言ってまた持ち上げます。
2度目に持ち上げた時が軽かったら、そのお伺いした事は叶うんだそうです。重さが3回とも変わらなかったら叶わないとか。

境内のお社をひととり参拝させていただいた後にみんなで記念撮影。


新屋山神社は大山祇神(おおやまつみのかみ)という山の神様。
木花咲耶姫(このはなさくやひめ)と磐長姫(いわながひめ)のお父さんです。



今回は薬さんが初めてだったので、浄化の雨が降ったり止んだり。うっすら霧も出てます。



参拝する人もやはり多く、みんな金運神社のご利益を求めて来るんですかね(^^)


階段を下から。霧のおかげで神々しさが増してます




この鳥居はやっぱり独特の雰囲気を持ってるよね。





そのあとは車で移動して富士山の2合目にある奥宮へ。
一昨年まではストーンサークルがあったんだけど、富士山が世界遺産になった事で人工物は置けないらしく、神主さん?が地下に埋めてあるって言ってました。



いつもはあまり感じなかったんだけど、今回はクラクラするくらいエネルギーが強かった。ライオンズゲートの閉じる前だったからかな??



山の中なので先ほどよりも霧が増し、またもや異次元に入った感覚。

外に出てきて車に乗る前に見かけた蝶のペア。蝶は「変容」のメッセージ。


ホタルブクロ。久しぶりに見ました。ホタルをこの中に入れて持ち歩くからホタルブクロって名前がついたって昔聞いたような気がするけどほんとかな?(笑)


奥宮から降りてきたらもう14:30近くて。遅いお昼ご飯を食べにこちらのお店に。

みんなでほうとう食べました(^^)


ちょうど夫からメッセージが来てて

こんな他愛もない普通のやり取りしてました。まさかこれを最後にしばらくメールもできなくなるとは思いもよらず…(>_<)

ほうとうを食べたあとはそのまま裏に回って北口本宮浅間神社へも参拝。
大きな杉の木や立派な手水舎に薬さんも感激しまくり(笑)


そのあとは娘が大好きな忍野八海へ。


みんなでイワナの塩焼きを食べたあと、池を散策。

しかし…外国人の多いこと(^◇^;)
特に中国系の人が多く、イワナの塩焼き売場のおばちゃんは中国語ペラペラでした(笑)

雨も上がり、気温も高くなく、散策してても暑くない気持ちのいい日でした。


この時点で17:00を過ぎていたので、20:00のレンタカー返却は間に合わないと思い、レンタカー屋さんに連絡して翌日の返却にしてもらったので、帰りは箱根で温泉に入ってから帰ることに。もともと温泉は行く予定で、着替えなどは用意してましたけどね。

山中湖から御殿場を抜けて箱根に着いたのが19:00過ぎ。お風呂に入ろうと荷物を持ってふとカバンから携帯を出すと、未登録の番号から着信が3回もある…。なんだろうと思ってかけ直してみると、夫が入院している病院でした。

…この時点で嫌な予感しかないんですよ(^^;;

明日の昼には退院って言ってて、この時間に電話がかかってくるってただ事じゃないですよね…。
入院している病棟のナースステーションにつながったら「奥様。いまから病院にお越しいただきたいんですけど」

…ますます嫌な予感…(ー ー;)

「いや…今箱根にいて、すぐ行くのは難しいんですけど…」と答えると先生に代わってくれて、「ご主人と明日、退院というお話をしていたんですが…先ほど容態が急変しまして、現在は重症患者用の部屋に移動してます」

「は??」「どういうことですか??」
そこで医師の口から夫が脳内出血を起こしたことを言われ、詳しいことは来院してから説明するから、何時でもいいので来てくれと。

ええええ〜〜!!と思いつつ、子どもたちと薬さんに「温泉中止。パパの容態が変わったから帰るよ」と言いながら車に乗り込み、帰宅ルートへ。

雨が降ってる山道をひた走り、千葉に向かいます。朝の大渋滞がなんだったの??と思うほどスムーズに進み2時間半で夫の入院先に到着。

そのまま子どもたちと薬さんも一緒に先生の話を聞きました。
夕方の時点では何の問題もなく、翌日の退院と来月の外来の予約も取って、シャワーも浴びられたみたい。

ところが夜の19:00過ぎに看護師さんが血圧を測りに来たら、様子がおかしいので先生を呼んでMRIを撮ったら、右脳内から出血。
慌てて処置していたら、またもや様子がおかしくて再度MRIを撮ったら今度は左脳内からも出血(>_<)

先生も「こんな20分ほどの間で左右から出血するなんて初めてです」というくらい。
脳梗塞は軽かったけど、血栓を溶かす薬が出血しやすいというリスクを伴うのと、長年の高血圧と喫煙のせいで血管がモロくなってたようです。

説明を受けて同意書にサインしたあとに面会させてもらったけど、意識はあって私たちのことは認識しているようだけど、目は焦点合ってないし、言葉は出せないし、一気に重症患者になってしまいました。

…ほんと人っていつ何か起きるのか分からないんですね(>_<)

花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®◇そうますずよ

記事続き
タイトル
タイトル
箱根神社は何かを始める時に行くといい!を実感。
記事本文

JUGEMテーマ:地域/ローカル JUGEMテーマ:ビジネス

 

先日、友人のウェディングプランナーたち3人と箱根神社に行ってきました。

数ヶ月前に3人でランチした際に神社の話で盛り上がり「箱根神社に行ったことな〜い」というので「じゃあ案内するよ」と日程を調整し、レンタカーを借りてドライブ。

 

下は晴れてたのに芦ノ湖についたら霧がすごくて(笑)

まあ、そんなことは気にしない4人なので、そのまま箱根神社へ行き、まずは芦ノ湖近くの鳥居からスタート。

 

この時点で風と霧雨が強く「わ!浄化だ浄化!」なんて笑ってたんですが(笑)



杉並木も霧がかかって神秘的。

 

箱根神社の境内もうっすら霧がかってます。

雨のせいか人も少なくていい感じ(^^)


お隣の九頭龍神社は拝殿ができたので雨でも平気。


みんなでご霊水もいただきました。

まずは記念撮影(笑)

iPhoneImage.png
 

そこから車でプリンスホテルの駐車場に移動して、ロープウェイで駒ケ岳山頂の箱根神社の元宮へ。

実は、チケットを買う際に売り場のお姉さんに「今日は天候が悪く、山頂は雨と風が強くて濡れるかもしれません。後、今日は神主さんがいないので中には入れないですが…」と言われたのですが、4人とも「あ、大丈夫です」とそのままロープウェイへ

 

本当に霧がすごくて、斜面を登ってても何にも見えない(笑)前も横も後ろも下も真っ白けっけ(^^;)

山頂についてロープウェイを降りた瞬間から風と雨がぶわ〜〜〜っと(笑)

 

外に出たら下以上に真っ白で、ほんと「なんも見えねえ」って感じ(笑)

お社に行くか迷いましたが、ここまで来て行かないのもなんだし、一歩踏み出すも道がまったく見えない…。かろうじて道を知ってる私が誘導して進みますが、ちょっと離れると友達の姿すら見えない。

 

一瞬「こんな状態で連れてきちゃって、みんな文句言わないかしら??」と不安になったのですが、3人とも「わ〜!!こんな経験めったにできないよね〜〜〜!!」とめっちゃ喜んでるし(笑)想像以上に変わり者…あ、いやツワモノでした(>▽<)

ホントだったら背景に山の稜線とか見えるんだけどね(笑)

 

鳥居のところまで来てもお社が見えない(--;)写真で見るとうっすら見えますが、肉眼では全く見えませんでした(笑)

鳥居をくぐるとド〜〜ン!!って感じで霧の中からお社が登場!3人は「カッコイイ〜〜!」と、ここでもテンション上がる(笑)

iPhoneImage.png

まるで異世界に迷い込んだような不思議な感覚でした。

前回の時は周りが見えないくらいの感じだったのですが、今回は道すら見えない(笑)

 

でも、「道は見えなくてもそこにある」「進むべき道は自分はわかってる」「周りを見渡す必要がない」「一歩進めば道は開ける」「今ここに集中する」というようなメッセージをそれぞれが受け取ってたみたいです。

 

本当は九頭龍神社の元宮にも行きたかったのですが、雨がかなり強くなってきたのと、午後に予定があったので今回はあきらめました。

 

そのあとは強羅に移動して、プロジェクトミーティング。

前回の4月に行った時にはオーナーが帰国してなかったので、今回改めて顔合わせと工事現場の進展状況を見に行くとシェフからお誘いがあったのですが「すずよさん、7/12に箱根に来れますか?」と連絡がきたときに「ええ〜!!私その日にプランナー3人連れて箱根神社行くんですよ!」「じゃあ連れてきちゃいなよ」とタイミングがバッチリすぎてびっくりしました。

 

というのも、当初は6/30に行こうかという話になったのですが、一人仕事で都合がつかず再度日程調整したら、ミーティングと日と被るなんて!!もう箱根神社のお導きとしか思えません(>▽<)

 

しかも強羅に降りてきたらこの天気。さっきの濃霧は何だったの??と4人で大騒ぎです(笑)

オーナーのマンションでシェフが作ってくれたおいしいブランチを食べ、みんなで雑談した後にミーティングルームへ移動してミーティング。

初顔合わせとは思えないほど、みんなの意識と方向性がピッタリ合っていたのであっという間に話がまとまり、次回のミーティングの日程を決めて解散。

 

そのあと強羅の駅から見上げた空には龍神が現れてました。

こんな龍神は初めて見たとみんなで感動。

 

とっても中身の濃い一日になり、感動冷めやらぬまま東京へ戻ってきて解散しましたが、連れて行ったプランナーさんたちも「まさかこんな流れになるとは!!そうまさんの引き寄せハンパない!!(>▽<)」と大興奮でした。

 

前回の会場視察の時にシェフたちコアメンバーを箱根神社にお連れしたことで、こんなスムーズな流れにつながったんだなあと感じます。本当に「何かを始めるときに行くといい神社」というのを実感しました。

 

思い返せば6年前の夏、ふと思い立って家族で箱根神社に行ってから私の仕事の流れもガラッと変わりました。それから箱根神社はよく行く場所になり、大好きな場所の一つです(ほとんど神社がメインなのであまり観光してませんがW)。

 

そんな大好きな箱根でとっても素敵なプロジェクトに参加できて、今後お仕事をして行けるなんて本当に嬉しいし、様々なご縁に感謝です。もうちょっと形になったらまたご紹介していきますので、時々ブログをチェックしていてくださいね(^^)

 

 

 

 

花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®◇そうますずよ

記事続き
タイトル
タイトル
三峯神社の奥宮は軽い気持ちで行くと後悔します!!(笑)
記事本文

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:旅行

 

せっかく三峯神社まで行ったのだから、奥宮も行かないと!!と御朱印をいただいた神社の方に場所を聞き、「1時間くらいですね」とサラッと言われましたが(^^;;とりあえず行ってみることに。

三ツ鳥居を一度出て、駐車場へ向かう道すがら…ありました。奥宮の入り口。

霧が出てるせいでやたらと神秘的。
2.5kmってことは三峯神社の4.5倍の距離くらい…??←この時はあまりその距離がわかってなかった(^^;;

入り口からしばらく歩くと第一の鳥居が見えてきました。
…クマ出没注意って書いてありますけど…((((;゚Д゚)))))))

音の出るものを携帯した方がいいと書いてあるので、伊勢神宮で買ったお守りについてる鈴と、鍵がいっぱいついててチャラチャラなるキーホルダーをカバンの外に出して少しでも音が鳴るようにして歩きます(^^;;

途中でガサガサッと音がしたので、誰かいるのかな〜と思って見たら、なんと!!鹿が一目散に斜面を駆け下りて行きました!!思わず「わ!!鹿だ!!」と声に出しちゃった(笑)


舗装もされてない山道をしばらく歩くと第二の鳥居が。どんどん道が道じゃなくなってくる…

霧に包まれてこんな細くてリアルに山道…片側は急斜面です(ー ー;)ストックあった方が歩きやすいんでしょうけど…持ってない…

そして第三の鳥居が。…もうまさに神域そのもの(^^;)

ほら、もう山道っていうか普通に登山道ですよ〜(^^;)この山の向こうは、写真を撮る余裕がなかったけど、木の橋がところどころ崩れてたり、木の階段がボロボロだったり、まともな道ではなかったです。

そしてやっと見えてきた頂上!!急な階段を上がった後は、鎖で上る石の斜面(−−;)

こんな急なんですよ!!手すりがなかったらホント登れない…(><)

奥宮に到着〜〜〜!!(>▽<)誰もいないから清々しい〜〜!!しっかりと今後の仕事のことについてお力を貸してくださいとお願いしました。

しかもついたら青空出ましたよ!!

お宮の右奥にはオオカミに守られた石碑が。もうちょっと奥も行って見たかったんだけど、頭上で蜂なのかハエなのか羽音がブンブンしてて近づけませんでした(><)

眼下は霧のせいか真っ白で何も見えません。4月の箱根神社の元宮もそうだったけど、周りが見えない=周りを気にするなと私は受け取りました。

そこからは急いで下山。←もう登山用語使っちゃう(笑)夜に仕事があるので、3時に三峯を出てもギリギリな感じですが、とにかく急いで降りる!!

やっぱり霧がすごくて、気温もひんやりしてるんだけど、私は汗だくなのでメガネが曇る曇る(笑)でもそんな霧が深くても時々日がさすのでとってもきれいで!!

分かりやすくするのに写真を暗くして撮ったんだけど、実際はもうちょっと明るかったので怖さはあまり感じなかったな〜。とにかく神秘的な感じしかしませんでした(^^)

行きは時間かかったけど、帰りは40分で降りてきました(笑)最後のほうでこれから登って行くカップルを見たんだけど、「軽い気持ちで行くと後悔するよ」と言ってあげたら良かったかな…??(^^;)


もと来た道を戻って再び三つ鳥居をくぐり、三峯神社の社務所へ。奥宮のご朱印もこちらでいただくようです。「登拝は…?」と聞かれたので「今行ってきました」と答えましたが、この汗だくっぷりを見てわかってくれ〜〜〜(笑)


今回は時間がなくて行けなかったのですが、次回は奥宮の後に温泉に入ってから帰って来たいな〜(^^)…ってことは着替えも持ってこないとだね(笑)

三つ鳥居に向かっての帰り道。やっぱり霧がすごかった!!


…でもね。駐車場もそんなに霧がかってないし、帰りの山道も全然霧が無いの。

なのに、三峯神社と奥宮の参道がものすごい霧で…オオカミさんに歓迎してもらえたのかな〜??(^^)



花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®◇そうますずよ

 

記事続き
タイトル
タイトル
どーしても行きたくて!弾丸で三峯神社参拝!!
記事本文
以前からFacebookで友人達が参拝してるのを目にしてて気にはなってたんですが、今年に入ってからも三峯神社に行くという人が何人もいて「あ〜…呼ばれてるのかな〜?私も行きたいな〜」と思ってました。

そしたら5月末に常連のお客様が行くと聞いて、その翌週にセミナーで仲良くなった人からも行った話を聞いて、もう行きたくて行きたくて!!

ホントは翌日に行こうかと思ったんですが、車の手配が間に合わず「久しぶりに子ども達と出掛けてあげないと…」と思ってやめました。
そしたらその日にテレビ付けてたらサスペンスドラマの再放送で「三峰口駅が!!」と連呼してるんですよ(笑)

ああ…もう間違いなく呼ばれてますわ私。と確信しました(^◇^;)

なので、もう居ても立っても居られず、弾丸で行くことにしました(笑)
1人で車借りて(しかも久しぶりのマニュアル車(^^))レンタカー屋さんから直行で三峯神社までドライブです!

三峯神社独特のこの三つ鳥居。狛犬代わりの狼が凛々しくこちらを見ています。しかも!スッゴイ晴れてるのに、霧が出てきたんですよ!!
鳥居をくぐった途端に空気がひんやりして、世界が変わった感じがしました。

霧は狼の霊の化身とも言われているらしいので、山から霧が降りてきた時には「めちゃめちゃ感激されてる!!」と鳥肌モンでした!

うっすら霧がかかる中を進むと山門が見えてきます

もうなんだか幽世(かくりよ)に足を踏み入れた気分です。

霧のおかげでますます神秘的

そんな中で目に入る鮮やかな装飾のお社。屋根は色がないのにその下には色とりどりの彫刻が。

この龍みたいな彫刻は「蜃(しん)」というそうです。蜃気楼の蜃ね。
蜃は口から氣を吐き出し、人々に幻をみせるんだとか。つまりこの三峯神社自体が幻で神界と現世を繋ぐ場なんだとか。

お目当の一つ、黒龍さん(^^)水をかけないと浮びあがらないそうですが、もうすでにみんなに掛けられてビシャビシャ(笑)
三峯神社はイザナギとイザナミが祀られてるんですね〜



このお社はなんだか不思議な感じでした。派手でも無く、地味でも無く、でも存在感があって、パワーを感じるし、落ち着くというか、ずっと側にいたいような…

となりにあった常国立神社のお社の前で、「株式会社設立に向けて準備していきますので力を貸してください」とお願いをすると、パーっと一筋の光が頭上から私を照らしてくれました。

思わず「ありがとうございます」と答えてました(笑)。なんか「分かった。励むがよい」と言われた気がして。

絵馬も幾つかあったんだけど、せっかくなので狼=大神(オオカミ)の絵馬にお願い事を書いてきました。


厳かなお社の後ろの鮮やかな新緑が綺麗で、他の人も「なんだろう!スゴイ綺麗だな!!」って感動してたくらい。


ホントにここはいい氣が溢れていて、いつまでもいたい感じ。
触ってもいいご神木に両手をついて深呼吸してたら「私は私のままでいい」っていうメッセージを受け取りました。


山門を出てから自撮り。なんだろう霧のせいかなぁ??なんかとっても癒されました。


奥宮奉拝所というので階段を登ってみると…

真っ白で何にも見えません(笑)

でもここまで来て、奥宮に行かないで帰るわけには行きません(笑)

奥宮編に続きます(^_−)−☆
記事続き
タイトル
タイトル
豊川稲荷のご利益??トリハダもののシンクロ
記事本文

JUGEMテーマ:地域/ローカル JUGEMテーマ:旅行

 

先日に続き、またも出張のお仕事で愛知県の豊橋に。遠方出張のお楽しみは朝の神社めぐりとなりつつあります(笑)
今日も早くから出かけて豊川稲荷に行ってきました。


以前、友人に「豊橋の出張があるから岡崎まで足を伸ばして、龍城神社に行ってくるんだ〜」と話したら、「え??豊川稲荷じゃなくて??」と言われて初めて「豊川稲荷って豊橋から近いの?」と思ったくらい気にしてなかったんです(^^;;

もともと龍が好きという事もあって龍神系の神社に呼ばれることも多く、稲荷系の神社はあまり行くことも少なくて。

そしたらなんと、あるブログで「お金を使っちゃって手元に残らないけど何とか回ってるのは龍神系」「気がついたらお金がたまっちゃう人は稲荷系」という記事を目にしました。

私は間違いなく龍神系なんですね〜(笑)ある程度収入が入って来てもなぜか全部出ていく(−−;)それを自分で責めてたんです。「金遣い荒いのか…。金銭管理できてないのか…。無駄遣いが多いのか…。」的なね。

でも稲荷系の人は貯まったら貯まったで自分を責めてるって聞いてびっくり。「気前よく使えない…。ケチなんじゃないか…。」みたいな。気がついたら貯まっちゃうなんて私からしたらうらやましいのに〜!!

それで、前回の龍城神社に行く前に寄った菅生神社の敷地内にあったお稲荷さんに「龍神系の私ですけど、稲荷系のご利益も下さい」ってお願いしてたんです(笑)

で、今回は豊川稲荷に行ったのですが、まあ敷地内に入ってからず〜〜〜〜っと私「かっこいい〜!!かっこいい〜!!」って騒いでたんです(笑)敷地が広いのもありますが、なんだか雰囲気がとっても素敵で、それしか言葉が出なくて(笑)

「うお〜〜!!カッコイイ〜〜〜!超ヤバいんですけど〜〜!」って、そんなボキャブラリーの少ない女子高生か!って言うくらい(^^;)大きなご本殿に向かって騒いでおりました(笑)

お参りさせていただいた後は境内を散策。とにかく敷地が広くて奥のほうにもいろいろあるみたい。


池があって鯉がたくさん泳いでました(^^)金運上がりそうな金の鯉がいたので写真を撮ってたら、みんな浮上してきて(笑)「ごめんね〜エサはないんだよ〜」と独り言(笑)

さらにその奥に進むと「霊弧塚」という場所があるらしく…行って見ました。

新緑の中を歩いているだけで浄化されていくような気分です。

この中に入って行くと…

なんと!おキツネさまがいっぱい!!

あっちもこっちもおキツネさま(^^)


よく「お稲荷さんのキツネって怖くない??」ときかれるんですが、不思議と怖さは感じないんですよね。

キツネは荼枳尼天の眷属(神の使い)なので、中途半端な状態でお詣りにくると「神様が出るまでもない。自分たちで対応する」となることもあるようです。それが人によっては「怖い」と感じるのかもしれませんね(^^;;

奥の院の手前にあった六角形のヒビ割れ。なんでここだけこんなきれいに割れてるんだろ??と気になって思わず写真を撮ってみた。


これ、和ろうそくですよね〜?職人さんの手作りなのかな??

事業繁栄と商売繁盛で2本ロウソクを立てて見ました。

名前が違うのは、今後二つの名前を使い分けて仕事をしていくようになるかもしれないので両方書いてみました(笑)


奥の院の目の前にこんなに樹が生えてるってすごくないですか??

なんか守られてるのかな??

ここも静かで(人がいなかったから??w)いい空間でした。


御朱印もらいながら東京方面から来たという話をしたら「東京の豊川稲荷は行った?」と聞かれたので、まだ行ったことが無いことを伝えると、「東京の豊川稲荷がなぜあそこにあるか知ってる?」と聞かれその由来を教えていただきました。

 

大岡越前はもともと豊川の人だったそうで、江戸に行く際にここから分院して赤坂に持っていったそうです。赤坂の豊川稲荷のあたりは大岡越前のお屋敷跡なんですって。「こちらの方に先にご縁をいただいたので、今度は東京の方にも行ってみます」と言って帰ってきました。



御朱印を書いてくれた方に教えてもらった薬師寺如来にもお詣りして。

iPhoneImage.png
駅までの街並みがレトロでなんか懐かしい(^^)

 

この後は豊橋に移動してお仕事をしていたんですが、午後の3時ころに一本の電話が入り、お客様からお仕事のご依頼がありました。「わ!さっそく豊川稲荷のご利益があったかも(>▽<)」と喜んでたのですが、なんとそのお客様が「カナダ大使館へ行くので…」とおっしゃるので、場所を調べてみると…

 

なんと赤坂の豊川稲荷のすぐ近く!!思わず「豊川稲荷に呼ばれてる…」とトリハダが立ちました!

こんなことってあるんですね〜!!

 

 

花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®◇そうますずよ

 

記事続き
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.