コンテンツ
ヘッダ

すずよMagic〜自由を求めて日々挑戦〜

日本で唯一の【記念日スタイリスト®】
ヘア・メイク・着付のプロフェッショナル。
さらに衣裳制作・写真撮影・お花などの知識や多方面からの視点をもつ
「記念日の専門家」総合プロデューサー
プライベートでは小5と小3の母。
最近はあちこちの神社に呼ばれた後に人を連れて行く神社ガイドのお役目もいただいた模様。

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事

タイトル
タイトル
昨夜のアメトーク「スゴイんだぞ西野さん!」を見て思うこと
記事本文

JUGEMテーマ:日記・一般

 

ここ最近、私の周りでというかFBでよく目にするキングコング西野亮廣さん。誰かがFBシェアしてて知りましたが、ビジネス書を出版されたり、絵本も出版されてます。(新作のえんとつ町のプペルは今日発売)

 

クラウドファンディングで製作費用を集めたり、個展を開くための資金を集めたり、斜め上どころか、かなり先を突っ走ってる感じで私も思わず「魔法のコンパス〜道なき道の歩き方〜」を買いました。

読んですぐの感想は「この人すごい!」

視点が全く違います。周りの人たちに合わせるということではなく思い切って飛び出してしまうところや、「どうしたら出来るだろう」という目で物を見ていること。読んでてめちゃくちゃ刺激を受けてアイデアがポロポロこぼれてきましたわ!

 

で、タイトルのアメトークの話になるんですが、昨日の放送を見てて感じたことをちょっと書きたいな〜と思います。

もともと私、お笑いにあんまり興味なくてM-1とかもほぼ見ません(^◇^;)人を馬鹿にしながらネタにして笑うタイプのお笑いは特に好きじゃないんです。

 

それでいうと、昨日のアメトークはとっても不快でした。東野さんが「西野ってすごいんですよ!」と言いながら、他の人と一緒になって「え?なに言っちゃってんのコイツ?変でしょ?」という感じでイジリ倒す。他の出演者も「こいつ俺のとこにこんなメール送ってくるんすよ!」とバラすとか。

 

もちろん台本とかもあるだろうし、西野さんも分かった上でイジられキャラを演じてたりするんだろうし、それこそこの放送回自体がネタなのかもしれませんが…、私はとても不快感が残りました。確かにインパンクトがある番組つくりかもしれないのだけど、こういうことをするから「夢を語るのはかっこ悪い」とか、「周りが何て言うんだろう」って気にしちゃう人が多いんだろうなあ〜と思ってみたり。

 

私もフリーになりたての頃に、「中間マージンのない職人同士が、信頼で結びつくスタイルで仕事を紹介し合いながら仕事がしたい」というと「そんなの無理に決まってるじゃん。何言っちゃってんの?」というようなことを言われたりもしました。

 

まあ…私の場合は根が頑固職人なので、自分のやりたいことは貫いて仕事をしてきた結果、10年前に言ってたスタイルが当たり前になり、現在はきちんと仕事が回るようになりましたけどね。

 

自分のやりたいことが出来てくると、今までいたコミュニティの中だと意見が合わなくなったきたり、悪口を言われたりするようにもなるけど、それにめげずに突き抜けてしまえば、そのうち違う人たちが応援してくれたりするようになるっていういい見本だな〜とアメトーク見ながら思いました(笑)

 

今現在そんなコミュニティの中でモヤモヤしてる人は、魔法のコンパス読むといいかもね(^^)

 

 

 

花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®◇そうますずよ

記事続き
タイトル
タイトル
パーソナルスタイリスト創始者:政近準子さんの著書を拝読
記事本文

JUGEMテーマ:ニュース

 

ここ数年で「パーソナルスタイリスト」や「パーソナルコーディネーター」という肩書きでお仕事をしている方に会うことがとても増えました。ママ起業・プチ起業の集まりに行くと必ず1人2人はお見かけするこの肩書き。

いろんな協会があって、いろんな代表がいるというのも理解してきた頃に、ある方に出会いました。

それは2年前の9月、ひぐちまりさんの結婚25周年パーティーで出会った【政近準子さん】

スラリとした身体から発する「タダモノではない」オーラ。恥ずかしながら当時は政近さんを存じ上げず「この方はどなたなんだろう」と思いながらご挨拶をさせていただき、名刺交換をさせていただくと、そこには勢いのある筆文字で「政近準子」の文字が!!

「この人ますますタダモノではない!!」と私の中のレーダーがピピピッと反応しました。

その後、facebookで繋がらせていただき、コメントをやり取りしていく中で、私がしたひぐちまりさんのヘアメイクをとても褒めてくださり「すずよさんの技術は本物です」と言ってくださったのです!一流のかたにそう言って頂けてとても嬉しかったのを今でも覚えています!(≧∇≦)

そして、私も政近さんのFB記事を拝見するたびに「本質を見極める。大事な事を伝える」というメッセージに共感しまくり、私の中でも「この人やっぱり本物だ!!」という思いが深まるばかり。

そんな政近さんが9冊目の本を出版されました。

洋服についての本かと思いきや、読んでみてびっくり!!人生の指針がいくつも書かれています。

 

「自分に似合わない服が似合う女に、女は嫉妬する」

「セクシーは最大の褒め言葉。日本人はかわいいを引っ張り過ぎ」

 

そんな言葉に惹かれて読んでみたら、いい意味で当初の期待を裏切られました。この本は、大人の女性としてしっかりと自分の足で立てるように教えてくれる本です。

周りの反応を気にして、自分らしく生きられない人はどこかいつも苦しいはず。そんな人にもこの本は一歩を踏み出す勇気を与えてくれるのではないでしょうか?

私もこの本を読みながら、いろいろと見直して見ようかな?(^^)

 

 

花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®◇そうますずよ

記事続き
タイトル
タイトル
またまた和婚に載りました。
記事本文
JUGEMテーマ:ニュース JUGEMテーマ:ヘアメイク JUGEMテーマ:結婚

またまた「和婚」に載りました(^^)5月末に発売になって、本屋さんに並んでおります。


巻末の方の「前撮りフォト」のページで昨年末に和装の前撮りをしたTご夫妻の写真が掲載されています。


撮ってくれたのは日本ウェディングフォトグラファー協会理事の安澤剛直さん。
2月のCP+(シーピープラス)でもProfoto(プロフォト)さんのブースでこの写真を使ってワイヤレスのストロボ機材のセミナーをしてましたが、今回も安澤さんからお話を頂いて掲載して頂きました。

やっぱり自分の髪の毛で結う、新日本髪は目に留まりますね。

皆さんも本屋で探してみて下さいませ(^^)あ、買ってくれるとなお嬉しいです♪

 

 

花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®◇そうますずよ

記事続き
タイトル
タイトル
weco第2弾が発売になりました!
記事本文
JUGEMテーマ:結婚

JUGEMテーマ:ニュース

今日は皆様にニュースがございます!
昨年秋に発売された「weco(ウェコ)」の創刊号。本日1/31に第2弾が発売になりました!

フリーランスのウェディングプランナーの中でもしっかりと実績があり、継続させる力を持っている人だけを集めた雑誌&Webサイト。結婚式を挙げるつもりはない」というカップルにゼヒ読んでほしい本です。きっと結婚式の価値観が変わると思います。


wecoに載っているのは全て実例のみ。
モデルさんを使ったイメージ写真などは一切ありません。私も昨年9月にプロデュースさせて頂いたお客様の事例を載せております。

さらに今回は、コーディネーター(プロデューサー)としてのページと、ヘアメイクとしてのページも載せております。

自毛の日本髪、スッキリとシンプルなトップシニヨン、七夕の織姫と彦星。昨年お仕事をさせて頂いたお客様のお写真を使わせて頂きました(^^)


そして今回はなんと、もう1例。

 

昨年11月に茨城の常総市に出張した際のお写真が掲載されていました。weco仲間の山本恵さんからご依頼を頂いたこちらのお客様、ご自宅のローズガーデンを挙式会場にとのご希望で山本さんにご依頼したそうです。まさかその時の実例を使って下さるとは思ってもいなかったので嬉しいです(>▽<)

というわけで、今回のwecoは私のヘアメイクした花嫁様がたくさん載っていますので、ゼヒご覧になって下さい。

あ、立ち読みじゃなくて、買ってねぇ〜!(笑)

前回のwecoは大きいサイズでしたが、今回はひと回り小さくなっています。それは巻末についているカップルのためのプランニングノートがあるから。wecoさん(ウェディングコーディネーター)と打ち合わせをする人も、そうでない人でも、色んな花嫁さんにとっての「ウェディングの参考書」みたいに使って頂けたらなあ〜と思います(^^)


どうかこの本がたくさんの花嫁さん達の手元に届きますように。そしてやりたいことを形にしてくれるフリーランスのプロたちと出逢えますように。プロデュースもヘアメイクもお花屋さんもカメラマンも相性が合う合わないで全然違ってきます。どうかその花嫁さんにぴったりのクリエイターさん達に出逢えますように。


自分のやりたいことが全て叶う結婚式は創ることが出来るんです。諦めと妥協の結婚式で不満を抱えたまま当日を迎えないで下さい。何か心配な事があったら、ウェディングのプロに相談して下さい。お2人の幸せな人生を始めるお手伝いに労力を惜しむ人たちからは離れましょう。


寝ても覚めても結婚式の事しか考えていない人たちがこの本の中にはたくさんいます(^^)

 

 

花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®◇そうますずよ

記事続き
タイトル
タイトル
船橋日和
記事本文
JUGEMテーマ:地域/ローカル


先日facebookのお友達が何人もタイムラインに上げていたので、昨日西船橋のエキナカの本屋さんで探してみました。

その名も「船橋日和」

表紙を見てみても知ってる顔が5〜6人はいます。中を開けてみたら、載ってる人はほとんど知り合い(笑)facebookってすごいなあ(笑)それぞれがいろんな思いで船橋を盛り上げようとしています。

私はもうちょっと範囲が広くって「千葉県」のウェディングを盛り上げようとしていますが、船橋でもいろいろと発掘してみようかな♪私も今、新しいプロジェクトを企画中です。今年中には形にして、みなさまにご報告できるようにしないとね(^^)
 

 

 

花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®◇そうますずよ

 

記事続き
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.