コンテンツ
ヘッダ

すずよSTYLE

記念日の専門家【記念日スタイリスト®】
ヘア・メイク・着付のプロフェッショナルでありながらも、衣裳・写真・お花などの知識を持ち
多方面からの視点をもつ、総合プロデューサー。
プライベートでは小5と小3の母。
最近はあちこちの神社に呼ばれた後に人を連れて行く神社ガイドのお役目もいただいた模様。

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事

タイトル
タイトル
全国微魔女サミット開催!!〜微魔女ストーリーのはじまり〜
記事本文

JUGEMテーマ:地域/ローカル  JUGEMテーマ:ニュース

 

12/3に浦安の東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾートさんで【第1回全国微魔女サミット】が開催されました。

遠くは広島から、県内や都内の各支部から約100名の微魔女が集まり、華やかなランチパーティーになりました(^^)

ことの始まりは今年の4月頃。震災後に地元の繋がりが欲しくて微魔女会を作ったという綾乃さんの思い出話から、今は各地に微魔女会があってそれぞれのエリアの微魔女たちに会ってみたいなんて話になり…。

そこから「じゃあ、ホテルとかで全部集めて微魔女サミットやったらいいんじゃない??」という話が出てきて(笑)

私の仕事柄ホテルさんはあちこちにご縁があるので、場所抑えは私が担当。
都内の大きなパーティールームを見学したり、ホテルの披露宴会場を見学させてもらったり、いくつか探しましたが綾乃さんと相談した結果、舞浜のこちらのホテルさんに決定。

実行委員が立ち上がり、みんなで集まって打合せしたり、ホテルさんへ出かけてランチミーティングしたり、とあっという間の準備期間でした。

 



微魔女会の立ち上げメンバーによる「きゃんぱ〜〜い」で和やかにスタート。



同じテーブルの方々と私も乾杯。




着物やドレスを着た微魔女たちがランチビュッフェを取りに行くと、一気にレストランが華やかになりました(^^)




今回とてもお世話になったホテルの副支配人からのご挨拶。25日のディスコナイトの事もお話されてました(^^)

 



横長のお部屋なので、約100名の微魔女がテーブルについてても、それほど狭く感じなかったですね〜




今回のサミットのノベルティとして【微魔女ノート】を作りまして、その説明をデザイナーの山本幸ちゃんが説明しております。




各エリアの微魔女会の支部代表の挨拶の前に綾乃さんたちから、立ち上げのキッカケのお話があったり、




プレゼントを協賛してくれた各会社さんたちのPRタイムに代理で話す大塚カオリちゃん。ジャバラ石鹸の説明中です(笑)




戸建大家パート主婦なっちー(左)とマネーヒーリングの弘美さん(右)と一緒に。




微魔女メンバーによる、新日本舞踊の披露や、




微魔女サポーターでもある鈴木ダンススクールの鈴木先生ご夫妻によるソシアルダンスの披露(優雅でとっても素敵だったのです〜(≧∇≦)


ソシアルダンスやりたくなった!!


船橋のシンガー小松優一さんによるオリジナルソング【微魔女のうた】の披露。実行委員も一緒に歌って踊って、盛り上がりまくり!私は歌詞持ちでお手伝い(笑)


この歌詞は微魔女メンバーで考えたのですが、かなりグッと来るので聞いてた微魔女で泣いた人も数名。(ホントに泣けるんですよ!!)


自己紹介の時に使った「今年一年を表す漢字ひと文字」と「来年の夢や目標を表す漢字ひと文字」を集計して、【今年の微魔女を表す漢字ひと文字=変】と【来年の微魔女を表す漢字ひと文字=躍」を発表しているワタクシでございます(^^;;


今回はパーティー前に参加者の皆様のヘアセットや着付けをさせていただきましたが、当然1人で出来るわけもなく…

微魔女メンバーの英子さん(左)と、最近私のお仕事も手伝ってもらってる高野こずえさん(右から2番目)にも手伝っていただきました(^^)


そしてこの微魔女サミットの事が翌日の毎日新聞に乗ったんですよ〜!!!ネット記事の方には私が小さく写ってる写真もありました(≧∇≦) http://mainichi.jp/graphs/20161203/hpj/00m/040/006000g/


さらに!!この微魔女サミットに合わせて発起人の中谷綾乃さんが電子書籍を発売しました!!微魔女ヒストリーをぜひご覧になって見てください(^^) 専用の端末を持っていなくても、Kindle(キンドル)のアプリをダウンロードした後に、Amazonからダウンロードしてもらうと、Kindleで読むことができます。
←こちらをクリックするとAmazonのサイトに飛びます(^^)


全国微魔女サミットを開催して、新聞に載って、歌も出来て、電子書籍も出て、ホントにもう微魔女はどこまでいくのでしょうか??(笑)今後の微魔女の展開が楽しみです(^^)



花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®◇そうますずよ

 

記事続き
タイトル
タイトル
第2回 「あなたの本当の魅力」を惹きだす魔法のメイクレッスンを開催
記事本文

JUGEMテーマ:ヘアメイク

40歳を過ぎたら「流行よりも自分らしさを」。

先日の政近準子さんの著書にもありましたが、【日本人は「かわいい」にとらわれ過ぎ】というタイトルにいたく共感したアタクシでございます。

そもそも、流行のメイクとは化粧品会社が新しいものを売るために作りだされたもの。と、私は思っておりまして(^^;;まあ…ヘアメイクの仕事をしていてこんなことをいうのは私くらいのものだと思いますが(笑)

だって一般的なメイクアップアーティストさんはその化粧品会社や雑誌社からお仕事をいただいているので、こういうことは思ってても一切言えないですからね(笑)

どこにも属していない、下請けもしていない、自由な私だからこそ言える言葉だと思いますが、流行はどうしても若い子向きのものも多いので、40代の女性には合わないものもあるのです。だからそんなアラフォーの女性たちが綺麗になれるメイクを教えるグループレッスンを開催することにいたしました。

第1回目(11/1)は募集する前に埋まってしまいまして(^^;;今回は2回目の募集です。といってもすでに4名のお申し込みをいただいていますので、あと2名様の募集となります。

1回目に参加していただいた、めおと愛カウンセラーみくあゆみさんのブログでご報告いただきました。
こちらも1回目に参加されたRICOさんのブログでも感想をかいていただきました。

メイクレッスンについての詳細はこちらをご覧ください
自分でも気がつかない魅力を惹きだす魔法のメイクレッスン

ご応募お待ちしております(^^)



花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®◇そうますずよ

記事続き
タイトル
タイトル
ピカ子さんの「引き算の美学」を学ぶ会
記事本文

今日は朝から3件立て続けに結婚式にご参列のお客様がご来店。

今日はお日柄がいいのかな〜??So-magicもジワジワと地域の方に「記念日のヘアメイクサロン」として見つけてもらえるようになってきたみたいです(^^)

そして、最後のお客様をお見送りした後は、急いで支度して電車に飛び乗り品川へ移動。

3年前にご縁が出来た(株)コアプレックスさんの「いちごの約束」6周年記念イベントで、メイクアップアーティストのピカ子さんによる「引き算の美学」を学ぶ会に滑り込みで参加して来ました(^^;;


ピカ子さんがゲストの中から何名かをモデルとして実際にメイクしてたみたいです。

そのシーンはさすがに撮影できないけど、その後のアーユルヴェーダの西川先生とのトークショーは撮ってもいいと言われたので…(^^)


ちょびっとしか聞けなかったけど、ピカ子さんのお話は面白かった(^^)

いちごの約束は3年前のブライダル産業フェアでたまたま見つけたアイテムで、無農薬のいちごの酵素ドリンクと種を使ったジュレなのです。

当時「15」がキーワードのカップルのウェディングをプロデュースをしていて、産業フェアをウロついていたところ「いちごの約束」という言葉に惹かれて思わず「これなんですか??」と聞いたのが始まり。

試しに買って帰って、お2人にお話してみると「オシャレだし、お値段も手頃だし、コレにします(^^)」とパーティーの最後に配るプチギフトとして使わせていただきました。

なんでもブライダルで使うのはSo-magicが初めてだったとか!!
個人事業主の私にも親切に対応てくださり、カップルにまでプレゼントを下さったりと、親切な社長さんなのです(^^)

それからまた東京ブライダルフェスタにwecoが出展してる時にも同じフロアに美容フェスタでコアプレックスさんが出展していたのを見つけ、高橋編集長にご紹介したご縁でwecoに広告を出されたり、翌年のブライダル産業フェアにまた出展されていて再会した時は、ブライダル業界の重鎮の中村卓さんや安藤徳子先生にご紹介したりと、じわじわご縁が広がりました。

So-magicのサロンオープンのイベントの時にも、協賛でいちごの約束を提供してくださったり、いつも良くしてくださる今井社長のイベントだから、仕事の合間に少しでも顔だしたくて、行ってきました。

品川駅前でいちごカラーの大きな花束を作ってもらいました!

久しぶりに大きな花束抱えて街を歩いたんだけど…やっぱり中身が男なのかな〜?ワタシ(^^;;大きな花束抱えてガツガツ歩くのって結構好きなんですよね〜(笑)

ちゃっかりピカ子さんともお写真撮らせていただきました(^^)


司会をされていた安藤徳子先生とWedding Jobの高梨さんとも会えました。



いちごの約束は熊本の無農薬のいちごを使って作られる酵素ドリンクなので、いちごの約束を飲んでると熊本の支援にもなりますね(^^)

しかもコアプレックスは広島の会社なので…「広島」「赤」「いちご=15」と言えば…??今、話題の広島カープの黒田投手の背番号!!先日のセ・リーグで優勝した時も、いちごの約束が振る舞われたみたいです。

これからますます広がる予感!!皆様、いちごの約束、要チェックですわよ〜〜(≧∇≦)

いちごの約束


花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®◇そうますずよ

 

記事続き
タイトル
タイトル
Lunacce(ルナーチェ)イベントin Atlantis East(アトランティス イースト)
記事本文
JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:地域/ローカル


いつも何かのタイミングで、かならず必要なメッセージが届くと私は思っています。
ココ新浦安にある、Atlantis East(アトランティスイースト)さんで開催するLunacce(ルナーチェ)イベントもそう。


今回は前世リーディングとストーンリーディングでした。


やっぱりね…男みたいですよワタシ(笑)
瞑想しながら誘導されて行って、頭の中に描いた人物はグラディエーターサンダルを履いて、重い楕円の金属製の盾を持ち、重厚な鉄の扉を中に開けて入っていくという景色が見え、まるで地中海のような海と建物まで見えました。

昔からエジプトとかすっごい気になるんですよね〜。なんだろ??


そして、ストーンリーディングをしてもらったのはこちらのガーデンクオーツ。
一度成長を止めて、中に異物を抱き込んだまま新しく成長を続けていくので「これから新しいステージに昇りたい人」「今よりも先に進みたい人」をサポートしてくれる石。
 
ブレスレットはいくつか持っているので、今回はピアスとペンダントヘッドでつくってもらいました♡

 
さてさてどんな変化が起きるのか楽しみです(^^)

花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®◇そうますずよ

記事続き
タイトル
タイトル
ママハピ主催イベントレポート。火を使わないお弁当作り?! # 三菱時短おべんとう
記事本文
JUGEMテーマ:ビジネス
JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:育児
 

 

昨日は株式会社ママハピさん主催の三菱電機家電イベントに招待していただき、豊洲のカフェに行って来ました。

セレブな街として認知度が上がっている豊洲。セレブな奥様をキャナリストって言うんでしたっけ?(^^)やっぱりカフェもオシャレですね〜。千葉とは違うなあ…(笑)



中に入ると、どど〜んと大きなママハピのバックパネル!その下に三菱電機のロゴが。コレを見てかなり大きなイベントだと気がつきました(^^;)ママハピの社長の谷平さんが友人ということもあり「この日は空いてる?ワークショップ来ませんか?」みたいなお誘いだったので、もっと簡単なイベントかと思って軽くナメておりました…(笑)ごめんなさい(^^;)




ちょっと早目についたので、本日の主役たち(家電ね)の写真を撮ったり、説明を聞いたりしてみました。


まずは冷蔵庫。スペースの少ない場所でも置けて中身は大容量。団地住まいの我が家みたいな狭い家だと、こういう冷蔵庫はとっても助かります。



切れちゃう冷凍とか、CMでもよく見ますね〜。

 

 

これは両開きの冷蔵庫。ドアポケットにもたくさんものが入るのでいろんなものを詰め込んじゃいそうです。我が家は家でアルコールを飲まないので、缶ビールなどの買い置きは無いのですが、良く飲むおうちはこれだけ入ると助かるんじゃないでしょうか?


私が食いついた(笑)のは色んな種類の冷凍庫。

まずは一番上にある、横長の引き出し。「氷点下ストッカーD」チルドよりもさらに低温で保存するから、お肉やお魚の鮮度が長持ちするそうです。3日〜1週間は保存できるそう!なのにお肉もお魚も柔らかいまま。
買い物してきた当日は使わないけど、早目に食べたいものはココに入れておけばいいんですね〜!

2段目の右側の引き出しは、「切れちゃう瞬冷凍」
CMでもおなじみの、凍ってるけどサクッと切れるっていうあれです(笑)。−7℃での冷凍なので、1週間ほどは保存可能だそう。

3段目の大きいのはいわゆる普通の冷凍庫。大容量で冷凍食品もいっぱい入る!

我が家はいつもキロ単位で買い物するので、(お肉は2kg とか当たり前w)ひき肉やスライス肉などは小分けしてラップに包んで冷凍保存しますが、時間がない時はとりあえず冷蔵庫に放り込んで翌日に処理したり、そんな時間もない時は大きなパックのまま冷凍庫へ入れたり。

 

そうやってると冷蔵庫に入れたお肉は忘れてて2〜3日経つと色が変わって来ちゃったり、冷凍庫で凍らしたものは調理するのに大変だったり(^^;)そんなこともこの冷蔵庫を活用したら楽ちんになるんですね〜(^^)


お次は炊飯器。なんでも「かまど焚き」と同じようにご飯が炊けるそうです!

中はこんな感じ。

認定書もあるようです!

この釜、なんと職人の手で一つ一つ削り出してるらしいですよ!!「木炭釜」の下にロットナンバーが入ってるのが見えるかしら??一個づつ番号がふられてるんですって!




こちらのレンジはオーブン機能がないのだけど、レンジ+グリルの機能で、中までしっかり火が入って表面はカリッと焼きあがるんですって。しかも中にモノを入れると勝手にセンサーが判断して何秒温めるとかは自分で設定しなくていいとか!かしこいわ〜!

レンジの高さが低いことで、食品とヒーターの距離が近いから早く火が通る=時短調理ができるということ。その名も「ZITANG(ジタング)」。そのままじゃん!って突っ込みそうになりましたけどね(笑)ええ。言わなかったですよ(>▽<)

別売りのこのセラミック皿を使えば、調理した後にこのまま食卓へ出せるんですって。なんて便利♡


一通り説明を聞き終わった頃に、ワークショップがはじまりました。

講師は家事アドバイザー・節約アドバイザーの矢野きくのさん。
もともとはキャリアコンサルタントのお仕事をしていて、その激務の最中に行かに時短で家事をするか!みたいなことをブログに書いてたら、それがいつの間にかお仕事になったと言ってました。どこで何が仕事になるか分からないんですね〜!いまではTVにも出られているとか!

切れちゃう瞬冷凍だと、こんなふうにお肉もペロッと一枚だけはがれちゃうんですよ〜!ときくのさんが説明しているところ。あ〜…マジこの冷蔵庫欲しいかも(笑)



途中で「本炭窯KAMADO」炊いたご飯の試食がありました。この釜で焚くと冷めても美味しいとか!
 
少しお塩の味がついてたので、なおさら食べやすかったですが、本当に冷たくてもモチモチで美味しいご飯でした!!
あとから炊き立てのご飯の試食もしたんですけど、大差なかったですね。
 
なんでも、おにぎり協会に「冷めても美味しいご飯が炊ける炊飯器」と認定していただいたそうですよ!

おにぎり協会ってのがあることにも驚きましたけどね(^^;)


あと!めっちゃビックリしたのが「ZITANG(ジタング)」で温め直した揚げ物。
 
写真でわかるかな〜??すっごいサクサクで、口に入れた時に「サクッ」っていうんですよホントに。

ちなみにこちら↓は一般のレンジで温めた揚げ物との比較。
 
これもね、よ〜〜〜くみると手前の方の揚げ物の頃もがベトっとしてるの。箸でつかんだだけでどっちがZITANGで温めたものなのか、すぐに分かりました。

講師の矢野きくのさんが、あまりにもスゴイを連発するもんだから、司会の人も食べたくなってしまって、用意してもらってました(笑)口に入れた瞬間に目を見開いてぶんぶん頷いてた(笑)


最後に商品の説明で三菱電機の人が話してました。「どうも。ディーン藤岡です」と言って、素晴らしい静寂を作った冷蔵庫担当の方です(笑)

レンジと炊飯器の方は静かなマシンガントークで、あっという間に説明を終えていました(笑)


結構知り合いのママさんたちも来ていて久しぶりに話せたり、初めて会う人でもFaceBookで共通の知り合いがしたりしてお話もはずみました(^^)みんな「いや〜本気で家電を新しくしたくなった」と言ってたり(笑)それくらい使いやすそうな家電ばっかりでした。


カフェの入り口にこんな看板が立っちゃうほど。
すごいわ〜!ママハピ!!さすがやり手の谷平優美さん!(>▽<)
今回は素敵な経験をさせてもらいました。優美さんありがとうございました!

 

花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®◇そうますずよ

記事続き
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.