コンテンツ
ヘッダ

記念日の専門家◇そうますずよの「魔法のヘア・メイク」

花嫁お仕立て師&記念日スタイリスト(R)
地毛の日本髪からゆるふわアップまで、どんな髪型でも自由自在の神技ヘアセット。
お顔の黄金バランスを導き出し、上品+女らしさ3割増しの極上メイク。
一度頼んだらもう他には頼めない!と体験した人たちが大絶賛!
花嫁のお支度やウェディングプロデュース、七五三・成人式・卒業式などのお支度や撮影を行う【記念日の専門家】
歩くパワースポット、魔法使いとも呼ばれる「そうますずよ」のプライベートブログです。

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< December 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事

タイトル
タイトル
全国微魔女サミット開催!!〜微魔女ストーリーのはじまり〜
記事本文

JUGEMテーマ:地域/ローカル  JUGEMテーマ:ニュース

 

12/3に浦安の東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾートさんで【第1回全国微魔女サミット】が開催されました。

遠くは広島から、県内や都内の各支部から約100名の微魔女が集まり、華やかなランチパーティーになりました(^^)

ことの始まりは今年の4月頃。震災後に地元の繋がりが欲しくて微魔女会を作ったという綾乃さんの思い出話から、今は各地に微魔女会があってそれぞれのエリアの微魔女たちに会ってみたいなんて話になり…。

そこから「じゃあ、ホテルとかで全部集めて微魔女サミットやったらいいんじゃない??」という話が出てきて(笑)

私の仕事柄ホテルさんはあちこちにご縁があるので、場所抑えは私が担当。
都内の大きなパーティールームを見学したり、ホテルの披露宴会場を見学させてもらったり、いくつか探しましたが綾乃さんと相談した結果、舞浜のこちらのホテルさんに決定。

実行委員が立ち上がり、みんなで集まって打合せしたり、ホテルさんへ出かけてランチミーティングしたり、とあっという間の準備期間でした。

 



微魔女会の立ち上げメンバーによる「きゃんぱ〜〜い」で和やかにスタート。



同じテーブルの方々と私も乾杯。




着物やドレスを着た微魔女たちがランチビュッフェを取りに行くと、一気にレストランが華やかになりました(^^)




今回とてもお世話になったホテルの副支配人からのご挨拶。25日のディスコナイトの事もお話されてました(^^)

 



横長のお部屋なので、約100名の微魔女がテーブルについてても、それほど狭く感じなかったですね〜




今回のサミットのノベルティとして【微魔女ノート】を作りまして、その説明をデザイナーの山本幸ちゃんが説明しております。




各エリアの微魔女会の支部代表の挨拶の前に綾乃さんたちから、立ち上げのキッカケのお話があったり、




プレゼントを協賛してくれた各会社さんたちのPRタイムに代理で話す大塚カオリちゃん。ジャバラ石鹸の説明中です(笑)




戸建大家パート主婦なっちー(左)とマネーヒーリングの弘美さん(右)と一緒に。




微魔女メンバーによる、新日本舞踊の披露や、




微魔女サポーターでもある鈴木ダンススクールの鈴木先生ご夫妻によるソシアルダンスの披露(優雅でとっても素敵だったのです〜(≧∇≦)


ソシアルダンスやりたくなった!!


船橋のシンガー小松優一さんによるオリジナルソング【微魔女のうた】の披露。実行委員も一緒に歌って踊って、盛り上がりまくり!私は歌詞持ちでお手伝い(笑)


この歌詞は微魔女メンバーで考えたのですが、かなりグッと来るので聞いてた微魔女で泣いた人も数名。(ホントに泣けるんですよ!!)


自己紹介の時に使った「今年一年を表す漢字ひと文字」と「来年の夢や目標を表す漢字ひと文字」を集計して、【今年の微魔女を表す漢字ひと文字=変】と【来年の微魔女を表す漢字ひと文字=躍」を発表しているワタクシでございます(^^;;


今回はパーティー前に参加者の皆様のヘアセットや着付けをさせていただきましたが、当然1人で出来るわけもなく…

微魔女メンバーの英子さん(左)と、最近私のお仕事も手伝ってもらってる高野こずえさん(右から2番目)にも手伝っていただきました(^^)


そしてこの微魔女サミットの事が翌日の毎日新聞に乗ったんですよ〜!!!ネット記事の方には私が小さく写ってる写真もありました(≧∇≦) http://mainichi.jp/graphs/20161203/hpj/00m/040/006000g/


さらに!!この微魔女サミットに合わせて発起人の中谷綾乃さんが電子書籍を発売しました!!微魔女ヒストリーをぜひご覧になって見てください(^^) 専用の端末を持っていなくても、Kindle(キンドル)のアプリをダウンロードした後に、Amazonからダウンロードしてもらうと、Kindleで読むことができます。
←こちらをクリックするとAmazonのサイトに飛びます(^^)


全国微魔女サミットを開催して、新聞に載って、歌も出来て、電子書籍も出て、ホントにもう微魔女はどこまでいくのでしょうか??(笑)今後の微魔女の展開が楽しみです(^^)



花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®◇そうますずよ

 

記事続き
タイトル
タイトル
奇跡の伊勢詣り〜バスをチャーターして別宮参拝〜
記事本文

伊勢詣りの記事も4つ目になってしまいました(^^;;

私たちは8時過ぎから参拝させていただいたので、神秘的な空気の中を歩くことが出来ましたが、神楽奉納が終わって外に出るとあまりの観光客の多さにビックリ。まだ10:30くらいなのに、空気もザワザワと雑念が多いような気がします。

 

ご朱印をいただき、お守りを購入し、参集殿でお土産を買い(辰宮先生のポストカードもこちらで販売しているそうです。Photo by Kankanで探してくださいね)宇治橋の方へ戻ると、鶏を発見!!


来年の干支も酉だし、なんだか幸先いい気がするのは私だけでしょうか??(笑)

 

さすが日曜日。宇治橋を渡って敷地の外に出ると、人込みがハンパない!!

お昼ご飯を食べる場所を探すのも、私たちは人数が多いから迷っている暇はありません(笑)パッと目についたお店に入ったら、意外と空いてて、すぐにみんなで席に着くことが出来ました。

 

せっかくだから伊勢の名物を…と思い、伊勢うどんと手ごね寿司のセットを頼んでみました。

iPhoneImage.png

なんでも、伊勢のうどんはフワフワちうかクタクタというか(笑)とにかく柔らかいそうで、コシのあるうどんが好きな人は苦手と思うみたいです(^^;)私はうどんなら何でも好きなので全然気にならず、美味しくいただきました(^^)

そして、午後の集合時間まであまり余裕はなかったのですが、ここまで来て「アレ」を食べないわけにはいかない!!と思い、同じ想いの同志8名と人ごみをかき分けて行ってきました!! 

 

そう!!赤福本店で赤福を食べるのです!!(>▽<)

最初に見たときにかなり行列なので「間に合わないかしら…」と一瞬不安になりましたが、どうやら混んでいたのはお土産の列のほうらしく、店内で食べる方は大丈夫そうだったので急いでレジで「赤福8人分!!」とオーダー(笑)

そして、他のメンバーに座れる場所を探してもらい、素晴らしいチームワークで座って赤福を食べることが出来ました。

iPhoneImage.png

1人前は赤福2つにほうじ茶がついて、210円でした。

お土産でいただく赤福も美味しいのですが、やはり店内で出来立てを食べるのは格別♡お持ちが柔らかかった〜(^^)

 

本当はまったりと裏手の川を眺めながら赤福をお上品に食べたかったのですが、集合時間が迫っているのでそうも言ってられず、勢いよく一口でいただき(笑)みんなであわてて本店を後にして小走りで待ち合わせ場所まで戻ります。

 

なんだか気分は修学旅行の学生みたい(笑)「やべー!急がないと先生に怒られるぞ〜!!」みたいな(笑)←実際は先生はいないので怒られませんが(^^;)ちょっと楽しかったです♡

 

午後からはチャーターしたバスに乗り込み、別宮を月読宮(つくよみのみや)→瀧原宮(たきはらのみや)→倭姫宮(やまとひめのみや)の順に回ります。

 

瀧原宮に行く際は高速に乗って移動。ふと眼下にお城らしきものが見えたので写真を撮ってみました。なんだろこれ??


瀧原宮は、倭姫が一番最初に天照大御神を鎮座しようとした場所だそうです。参拝後のご朱印をいただいている時に真っ赤な紅葉があまりにも綺麗で写真に撮りました。


最後に振り返って鳥居を撮らせていただきました。ここも天照大御神の御魂をお祀りしているだけあって、重厚な雰囲気というか凛とした空気というか、素敵な空間でした。


 

 

最後は倭姫宮。ここはなんだか優しい空間でした。

しかし、どこのお宮も背の高い木々に囲まれて、うっそうとした森なんだけど、お宮のあるところだけ、気がないのでポッカリと空間があるというか、天からの光がさすというか、まさに「神様が鎮座まします(いらっしゃる)」という感覚になります。

 

帰りは宇治山田の駅で解散。ここから別行動をする人もいますし、名古屋まで一緒に帰る人と別れました。

車窓からの景色が、ちょっと千葉っぽいな〜なんて思いながら(^^)佐倉とか成田あたりだとこんな光景を目にしますね。


名古屋について新幹線で帰る友人たちとお別れした後は、ひとまず礼服から私服に着替え(笑)名古屋の夜景をちょっと堪能(^^)


岐阜のウェディングプランナーさんと待ち合わせして、夜行バスの時間まで夜ご飯にお付き合いいただきます。「高島屋のところの金の時計のところで待ち合わせね」とメッセージをもらい、「ほう〜ここかぁ…」なんてちょっとしみじみしてみる(笑)

無事に合流し、名古屋駅地下のエスカに降りて「名古屋メシ」を堪能♡

もう参拝も終わったので、お肉もお酒も解禁です(^^)

もともとweco仲間でもある岐阜のフリーウェディングプランナーの野村恵理子さん(真ん中)とご飯の約束はしてたのですが、今回の伊勢神宮めぐりのメンバーで一人で参加してた「とすこ」(右)(本当はとしこさんですがw)が「夜行バスの時間まで名古屋で一人で時間をつぶす」というので、思わずお誘いしてしまいました(笑)

快く承諾してくれたえりりん、ありがとう(>▽<)3人で不思議な語り合いになりました(笑)。

 

なかなか行けないと思っていた伊勢でしたが、今回素晴らしいメンバーと素晴らしい先生に先導していただいて神秘的なお詣りをさせていただけたことにとっても感謝しています。今度は家族を連れて、じっくり伊勢の神宮をお詣りしたいと思います(^^)

スワンさん、綾乃さん、素敵な機会をありがとうございました。かしこ女プロジェクト、次回はどこへ行くんでしょうか??楽しみだな〜(^^)

 

 

 

花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®◇そうますずよ

記事続き
タイトル
タイトル
奇蹟の伊勢詣り〜内宮&別宮参拝〜
記事本文

JUGEMテーマ:日記・一般  JUGEMテーマ:旅行

 

この日は宇治橋に8:00集合でしたが、この時期は7:45頃に太陽が宇治橋の鳥居の真ん中にくるというのを聞いて、6:30にホテル集合してタクシーで宇治橋へ。



このタクシーも前日にスワンさんが手配してくれたんだけど、一旦は「タクシー予約出来ない」となったのに「人数が多いなら乗せられる」となって予約する事が出来た、アメージングなエピソードもありました(笑)

内宮近くでタクシーを降り、コインロッカーに荷物を預けてから宇治橋へ向かうと、すでに日の出の撮影をするためのベストポジションを押さえている人が何人もいて(^^;;

まだ時間も早かったので、数人で宇治橋を渡ってみました。

異世界へと続く橋と言われるのがよく分かる!すっごい神秘的な景色を眺めながら渡りました(^^)
橋のたもとには真っ赤なモミジがあったり

五十鈴川と橋脚の向こうに見える山の景色

思わずみんなで記念撮影!


宇治橋を戻ってみると、さっきよりも人が増えてる!!…なんだけど、意外とみなさん山すそから日が昇った写真を撮ったらいなくなってしまった(笑)

宇治橋の真ん中に太陽が来るのを待ってる人は私たちグループが中心となりました(笑)これまたアメージング?

そうこうしているうちに、太陽はどんどん真ん中に近づいてきて、やはり7:45頃に宇治橋のど真ん中に!!

まさしく、天照大御神の光を浴びて浄化されたような気分です!!
振り返ると空には龍がたくさん(≧∇≦)

この朝日と写真が撮りたくて、逆光だけどおかまいなしにみんなで撮りました(笑)



8:00になると辰宮先生もいらして、写真撮ってるし(笑)

内宮に入る前にみんなで集合写真です。この人数で礼服着て正式参拝だから、周りの人は何事かと思うよね(笑)


宇治橋を渡り、鳥居をくぐって玉砂利を踏みしめながら進み、まずは手水舎で清めます。

そのまま進むと五十鈴川に触れる場所があり、ここでも手を清められます。思わずパワーストーンのブレスレットを外して浄化させていただきました(^^)ここでも写真を撮りたかったのですが、やはり先生の「参拝するまでは…」のお言葉にぐっと我慢!!

正宮へ向かって進むと、木々が生い茂る森に入ります。ここで辰宮先生が「今日は本当に素晴らしい!!こんなに光芒が出ているなんて中々無いですよ!!」と写真を撮り始めました(先生は神宮のカメラマンでもあるのです)。

みんなも歓声をあげて光芒の美しさに見とれてました!!本当は参拝前は写真を撮らない方がいいのだけれど、こればかりはタイミングを逃したら撮れないので「ココは失礼して撮らせていただきます!」とアタクシ撮らせていただきました!!(笑)



もうヤバくないですか??コレ!!(>▽<)

「神々しい」という言葉しかしか出てこない!!(≧∇≦)




そして正宮への階段を登って行き、拝殿の正面に立って二礼二拝一礼をすると、なぜか涙が込み上げて来ました。そのあとすぐに神職の方に案内していただき、御垣内(みかきうち)で正式参拝。ここでも正宮を見上げているとなんだか泣きそうになってきて…。

1日目に辰宮先生にお話しにあった「伊勢の神宮は個人のお願いごとをする所ではありません。禊(みそぎ=身を削ぐ)をし、お祓いする事で、本来の魂=命(みこと)に戻る場なのです」という言葉が蘇りました。神様から受けた命=みことの姿に戻るという事で魂が震えて泣けてくるのでしょうか??

御垣内での参拝が終わってからは、橋を渡って風日祈宮(かざひのみや)へ。
ココでも神々しい光景に出会えました(≧∇≦)



まるで、もののけ姫のワンシーンのようです。シシガミ様が出てきそうな(^^)


そのあとは神楽殿で御神楽奉納でした。
倭舞(やまとまい)が始まり、雅楽が流れるとゾワゾワゾワ〜〜と首の後ろや背中、腕の毛穴が開きトリハダが立ちまくり((((;゚Д゚)))))))

その次の人長舞(にんじょうまい)の時はなんだか眠いというかボーッとするというか「トランス状態ってこんな感じなのかな〜」と思いながら見ていました。最後の舞楽の時に出てきた蘭陵王の時はガラッと空気が変わり、一気にシャキッとして。

神楽が終わった後に辰宮先生も「今日の神楽はすごかった!!」と言われてたので、やはり神が降りてきていたのでしょうか??何人かに「人長舞の時に眠いっていうかボーっとしてた」と話すと「私も!!」という声があって。みんなエネルギー感じてたんですね〜!!

ここで一旦先生とはお別れしてランチを各自で取り、午後はバスツアーで別宮をまわります。

写真が多くなっちゃったので、別宮編へ続きます。

花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®◇そうますずよ

記事続き
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2016 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.