コンテンツ
ヘッダ

すずよSTYLE

ヘア・メイク・着付のプロフェッショナル【記念日スタイリスト】
ヘアメイクの枠を飛び越え、ウェディングプロデュース・衣裳・写真・お花などの知識を持つ総合プロデューサーとしても活動。
プライベートでは二児の母。
最近は「神社ガイド」のお役目をいただいたのか?と思うほどあちこちの神社に呼ばれ、その後に誰かをご案内する事が多いです

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事

タイトル
タイトル
三峯神社の奥宮は軽い気持ちで行くと後悔します!!(笑)
記事本文

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:旅行

せっかく三峯神社まで行ったのだから、奥宮も行かないと!!と御朱印をいただいた神社の方に場所を聞き、「1時間くらいですね」とサラッと言われましたが(^^;;とりあえず行ってみることに。

三ツ鳥居を一度出て、駐車場へ向かう道すがら…ありました。奥宮の入り口。

霧が出てるせいでやたらと神秘的。
2.5kmってことは三峯神社の4.5倍の距離くらい…??←この時はあまりその距離がわかってなかった(^^;;

入り口からしばらく歩くと第一の鳥居が見えてきました。
…クマ出没注意って書いてありますけど…((((;゚Д゚)))))))

音の出るものを携帯した方がいいと書いてあるので、伊勢神宮で買ったお守りについてる鈴と、鍵がいっぱいついててチャラチャラなるキーホルダーをカバンの外に出して少しでも音が鳴るようにして歩きます(^^;;

途中でガサガサッと音がしたので、誰かいるのかな〜と思って見たら、なんと!!鹿が一目散に斜面を駆け下りて行きました!!思わず「わ!!鹿だ!!」と声に出しちゃった(笑)


舗装もされてない山道をしばらく歩くと第二の鳥居が。どんどん道が道じゃなくなってくる…

霧に包まれてこんな細くてリアルに山道…片側は急斜面です(ー ー;)ストックあった方が歩きやすいんでしょうけど…持ってない…

そして第三の鳥居が。…もうまさに神域そのもの(^^;)

ほら、もう山道っていうか普通に登山道ですよ〜(^^;)この山の向こうは、写真を撮る余裕がなかったけど、木の橋がところどころ崩れてたり、木の階段がボロボロだったり、まともな道ではなかったです。

そしてやっと見えてきた頂上!!急な階段を上がった後は、鎖で上る石の斜面(−−;)

こんな急なんですよ!!手すりがなかったらホント登れない…(><)

奥宮に到着〜〜〜!!(>▽<)誰もいないから清々しい〜〜!!しっかりと今後の仕事のことについてお力を貸してくださいとお願いしました。

しかもついたら青空出ましたよ!!

お宮の右奥にはオオカミに守られた石碑が。もうちょっと奥も行って見たかったんだけど、頭上で蜂なのかハエなのか羽音がブンブンしてて近づけませんでした(><)

眼下は霧のせいか真っ白で何も見えません。4月の箱根神社の元宮もそうだったけど、周りが見えない=周りを気にするなと私は受け取りました。

そこからは急いで下山。←もう登山用語使っちゃう(笑)夜に仕事があるので、3時に三峯を出てもギリギリな感じですが、とにかく急いで降りる!!

やっぱり霧がすごくて、気温もひんやりしてるんだけど、私は汗だくなのでメガネが曇る曇る(笑)でもそんな霧が深くても時々日がさすのでとってもきれいで!!

分かりやすくするのに写真を暗くして撮ったんだけど、実際はもうちょっと明るかったので怖さはあまり感じなかったな〜。とにかく神秘的な感じしかしませんでした(^^)

行きは時間かかったけど、帰りは40分で降りてきました(笑)最後のほうでこれから登って行くカップルを見たんだけど、「軽い気持ちで行くと後悔するよ」と言ってあげたら良かったかな…??(^^;)


もと来た道を戻って再び三つ鳥居をくぐり、三峯神社の社務所へ。奥宮のご朱印もこちらでいただくようです。「登拝は…?」と聞かれたので「今行ってきました」と答えましたが、この汗だくっぷりを見てわかってくれ〜〜〜(笑)


今回は時間がなくて行けなかったのですが、次回は奥宮の後に温泉に入ってから帰って来たいな〜(^^)…ってことは着替えも持ってこないとだね(笑)

三つ鳥居に向かっての帰り道。やっぱり霧がすごかった!!


…でもね。駐車場もそんなに霧がかってないし、帰りの山道も全然霧が無いの。

なのに、三峯神社と奥宮の参道がものすごい霧で…オオカミさんに歓迎してもらえたのかな〜??(^^)



花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®◇そうますずよ

記事続き
タイトル
タイトル
自分の中の「好き」を大切にする
記事本文

JUGEMテーマ:旅行 JUGEMテーマ:日記・一般




昨日12年ぶりにマニュアル車に乗りました


もう数年前に車を手放してからは、使う時だけレンタカーな生活。

目的に合わせて車種を変えられるし(時に仕事でハイエースやらヴェルファイアやら借りたことも )メンテナンスしなくていいし、税金や保険料やガソリン代を考えたら車を持たない方がコストはかからない。

そしてプライベートで使う時は、いつも1番安い小型車を借りて。ヴィッツとかね。移動するだけだし、短時間だし、安いので充分。

…と思ってました。

今回、三峯神社にどーしても行きたくて、家族を連れて行こうか迷いつつ、でもやっぱり1人でいく事に決め、電車は時間のロスがあるから、レンタカーを借りるのにいつものヴィッツと考えて。

でもふと埼玉の秩父だし(山道ね)、「マニュアル車を借りる??」と思い始めたら、ものすごい罪悪感が出てきたんです。 いやいや…自分1人だし、半日だし、移動するだけだし、ヴィッツで充分、お金かかるし…そんな言葉が次々と浮かんできて、自分でもビックリ。

自分の「好きなもの」「趣味」にお金をかける事を、いつのに間にか『いけないこと』だと認識してたことに気がついたんです。

「好きな事を仕事にしているから、仕事が趣味みたいなモンで、趣味が仕事なのか境目が分からない」ずっとそう言ってたし、自分でもそう思ってた。好きな事をしてお金が生み出されるなんて最高じゃん!とも思ってて。

どうやらいつの間にか「お金を生みださないものに価値はない」とも思ってたみたいです((((;゚Д゚)))))))←これ自分自身に対してもそう(笑)なにせ存在給ゼロの人だったから(^^;;

「何度もヴィッツでいいじゃん」という思考の声に惑わされながらも、「久しぶりにマニュアル乗りたい」という心の声に従ってレンタカーの予約をすると、もうそれだけでウキウキ♡この車に乗れる!とワクワク(≧∇≦)

…この感覚、ずっと忘れてました(ー ー;)

そして昨日。レンタカー屋さんで停まってる真っ赤な86見ただけで「やばい。テンション上がる!」とワクワク(笑)


運転席に座りクラッチを踏んでギアを入れ、エンストしないかドキドキしながら(笑)車を動かし、道路に出て1速→2速→3速とシフトアップ。

「やばーい!(≧∇≦)楽しい〜〜!」←たかだか数メートル動かしただけですよ?(笑)速度だって30kmぐらい(笑)しかも車高が低いので、視点がヴィッツと全然違う。「あ〜〜(≧∇≦)私やっぱりこういう車が好きだわ」と改めて実感。

ヴィッツを借りるたびに、これ「で」いい。と自分を「納得」させてた。
でも今回86に乗ってみて、これ「が」いい。と改めて「実感」した。(いや厳密に言うと昔のハチロクがいいけどさw)

ヴィッツの倍額を払って見えたこの感覚。(その差はたかだか数千円なのに、何の罪悪感なんだかw)

湾岸→首都高→外環→関越と高速を走ってて、料金所からの立ち上がりのシフトアップのたびにワクワクしてる自分を再確認。
三峯の山道のカーブをキビキビと走る足まわりとハンドリングの良さに感動!
カーブのたんびにシフトダウンしてヒール&トゥをやりたい衝動に駆られ(笑)(←車に慣れてないから出来なかったけどね(ー ー;))

いかに今までヴィッツで箱根の山道走ってて運転しにくかったかを思い出した!! (注:ヴィッツが悪いわけではありません(笑)あくまでも私が好きな車かどうかって話ですw。ちなみに箱根神社に行く時の話です。峠を攻めてるわけじゃありませんw)

たかだか数千円の差額に感じていた罪悪感の向こう側には、自分の中の「好き」を押さえ込んでたことが見えました。

最後のMT車(プリメーラワゴン)を、もらい事故で廃車にしてからは夫が好きな車を選んで乗り継いでたんです。
もうMT車は数少ないしAT車で充分、子どもがいてチャイルドシートを付けるから、仕事で荷物載せるから、そんな【条件】で選んでた。でも私が好きな車はコレ(MT車)だった。

お金を生まない「自分の好きなもの」にお金をかけてもいい。仕事と趣味は別でいい。自分の心が喜ぶ事をもっとしてもいい。自分が楽しいと思えることを優先させてもいい。…そんなことに気づかされたドライブでした。

今までいかに思考にとらわれ、自分の心の声を聞かないふりをしていたか。改めて感じさせられました。

2月の終わり頃に夢の中で「頭で考えるな。自分の心に聞け」と誰かに言われ、数日後には子どもが見ていたテレビからも全く同じメッセージが聞こえて、それからずっとこの数ヶ月この言葉がキーワードでした。

今日の満月の前に三峯神社に行けたのも何かのタイミングなのかもしれませんね。

さて…あなたは自分の心の声を聞けていますか?(^^)





花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®◇そうますずよ

記事続き
タイトル
タイトル
どーしても行きたくて!弾丸で三峯神社参拝!!
記事本文
以前からFacebookで友人達が参拝してるのを目にしてて気にはなってたんですが、今年に入ってからも三峯神社に行くという人が何人もいて「あ〜…呼ばれてるのかな〜?私も行きたいな〜」と思ってました。

そしたら5月末に常連のお客様が行くと聞いて、その翌週にセミナーで仲良くなった人からも行った話を聞いて、もう行きたくて行きたくて!!

ホントは翌日に行こうかと思ったんですが、車の手配が間に合わず「久しぶりに子ども達と出掛けてあげないと…」と思ってやめました。
そしたらその日にテレビ付けてたらサスペンスドラマの再放送で「三峰口駅が!!」と連呼してるんですよ(笑)

ああ…もう間違いなく呼ばれてますわ私。と確信しました(^◇^;)

なので、もう居ても立っても居られず、弾丸で行くことにしました(笑)
1人で車借りて(しかも久しぶりのマニュアル車(^^))レンタカー屋さんから直行で三峯神社までドライブです!

三峯神社独特のこの三つ鳥居。狛犬代わりの狼が凛々しくこちらを見ています。しかも!スッゴイ晴れてるのに、霧が出てきたんですよ!!
鳥居をくぐった途端に空気がひんやりして、世界が変わった感じがしました。

霧は狼の霊の化身とも言われているらしいので、山から霧が降りてきた時には「めちゃめちゃ感激されてる!!」と鳥肌モンでした!

うっすら霧がかかる中を進むと山門が見えてきます

もうなんだか幽世(かくりよ)に足を踏み入れた気分です。

霧のおかげでますます神秘的

そんな中で目に入る鮮やかな装飾のお社。屋根は色がないのにその下には色とりどりの彫刻が。

この龍みたいな彫刻は「蜃(しん)」というそうです。蜃気楼の蜃ね。
蜃は口から氣を吐き出し、人々に幻をみせるんだとか。つまりこの三峯神社自体が幻で神界と現世を繋ぐ場なんだとか。

お目当の一つ、黒龍さん(^^)水をかけないと浮びあがらないそうですが、もうすでにみんなに掛けられてビシャビシャ(笑)
三峯神社はイザナギとイザナミが祀られてるんですね〜



このお社はなんだか不思議な感じでした。派手でも無く、地味でも無く、でも存在感があって、パワーを感じるし、落ち着くというか、ずっと側にいたいような…

となりにあった常国立神社のお社の前で、「株式会社設立に向けて準備していきますので力を貸してください」とお願いをすると、パーっと一筋の光が頭上から私を照らしてくれました。

思わず「ありがとうございます」と答えてました(笑)。なんか「分かった。励むがよい」と言われた気がして。

絵馬も幾つかあったんだけど、せっかくなので狼=大神(オオカミ)の絵馬にお願い事を書いてきました。


厳かなお社の後ろの鮮やかな新緑が綺麗で、他の人も「なんだろう!スゴイ綺麗だな!!」って感動してたくらい。


ホントにここはいい氣が溢れていて、いつまでもいたい感じ。
触ってもいいご神木に両手をついて深呼吸してたら「私は私のままでいい」っていうメッセージを受け取りました。


山門を出てから自撮り。なんだろう霧のせいかなぁ??なんかとっても癒されました。


奥宮奉拝所というので階段を登ってみると…

真っ白で何にも見えません(笑)

でもここまで来て、奥宮に行かないで帰るわけには行きません(笑)

奥宮編に続きます(^_−)−☆
記事続き
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.